科学

科学

悪魔の手術ロボトミー&ウォルター・フリーマン|フランケンシュタインの誘惑E+

アメリカのジョージ・ワシントン大学病院で80年前、歴史的な手術が行われました。患者の病名は激越型うつ病。激しい不安に襲われ取り乱す病です。 当時、不治の病と言われた精神疾患を治療しようというものでした。手術の名前...
0
学び

日本人成立の謎 弥生人のDNA分析から意外な事実が判明|サイエンスZERO

遥か昔、日本列島に暮らしていた弥生人。私たちの祖先にあたりますが、一体どんな人たちだったのでしょうか?弥生人のDNA分析から意外な事実が判明しました。
0
学び

寄生生物が世界を変える! 寄生虫で難病を治す!?トキソプラズマでがん治療!?|サイエンスZERO

生きるために特殊な能力を獲得した寄生生物。その一つから意外な効果の物質が発見されました。見つけたのは筑波大学生命環境学教授の繁森英幸(しげもりひでゆき)さんです。 寄生生物でアルツハイマー病を予防!? ...
0
学び

鳥インフルエンザ 新たな脅威|サイエンスZERO

鳥インフルエンザは世界的な流行パンデミックを引き起こす可能性があるウイルスです。実は今、その脅威となる新しいタイプが出現しています。 1918年に発生し世界で4000万人もの死者を出したと言われるスペイン風邪。鳥...
0
学び

クローン人間の恐怖 カール・イルメンゼーの不正疑惑&クローン羊ドリー誕生&クローンビジネス|フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿

ギリシャ語で小枝の集まりを意味するクローン。生物学の世界では同じ遺伝情報を持った個体をさします。クローン研究は命はどう生まれ育つのかを探求する学問「発生生物学」から生まれました。 両生類のクローン成功 ...
0
偉人の人生・エピソード

放射能 マリー・キュリーが愛した光線|フランケンシュタインの誘惑

世界で最も有名な女性科学者 マリア・スクウォドフスカ(後のマリー・キュリー)は1867年、ポーランド・ワルシャワで生まれました。幼い頃から科学への関心と才能を発揮し、24歳でパリのソルボンヌ大学に入学。研究者とし...
0
学び

夢の全固体電池|サイエンスZERO

日本の研究者が執念を燃やし、30年かけて全く新しい電池を開発しました。それが全固体電池。リチウムイオン電池の3倍もの電気を溜められ、高温でも使え、充電時間を3分の1にまで縮められるのではないかという夢の電池です。 ...
0
学び

人体蘇生 ロバート・コーニッシュ|フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿

1931年、映画「フランケンシュタイン」が世界的に大ヒットしました。主人公の青年フランケンシュタインは死体を墓地から盗み出し、繋ぎ合わせて生き返らせました。観客は恐怖に震え上がりましたが、恐怖とは別の感情を抱いた男がい...
0
学び

カッシーニ 土星探査の軌跡|地球ドラマチック

土星には太陽系の他の惑星とは明らかに違う特別な魅力があります。見事な輪をまとい、バラエティにとんだ60以上の衛星があります。そして、土星は惑星が形成されるプロセスを知る上で最も適した天体と言えます。 (天文学...
0
学び

おいしい!のカギ 食感のひみつ|サイエンスZERO

日本語で食感にかかわる言葉は445語。今、そのメカニズムに注目が集まっています。 チョコレートのおいしさの仕組みとは? チョコレートのおいしさを支えるのは、チョコレート職人の経験と勘です。大切にしてきたのは...
0