芸術

学び

アンリ・ルソーの「戦争」 世界一下手な画家の想いとは…|美の巨人たち

アンリ・ルソーは19世紀後半から20世紀はじめに活躍したフランス人画家です。「美術史上これだけ欠点の多い画家はいない」とまで言われ、作品を発表するたびに人々を大いに笑わせてきました。そんなルソーが描いた戦争の絵とは?
0
偉人の人生・エピソード

アンリ・マティス|日曜美術館

絵画の常識を破るアンリ・マティスの作品は、「野蛮で暴力的で野獣のようだ」と言われました。なぜ画家になったのか?マティスの色彩へのこだわりを解説します。
0
学び

黒田清輝の「智・感・情」|美の巨人たち

黒田清輝作「智・感・情」は、縦180cm、横100cmの大きなキャンパスに描かれた3枚の裸婦像です。 右側が「智」、額に手を当て何か思いつめたような様子です。中央は「感」、どこか冷たく無機質な表情。左側は「情」、...
0
学び

ヘンデルの「ハレルヤ・コーラス」|ららら♪クラシック

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデルは、ドイツ生まれでイタリア・オペラの巨匠、そしてイタリアの国民的作曲家。芸術家というより、国際的なやり手ビジネスマンでエンターテイナーでした。フリーランスの作曲家として巧みに立ち回り、ロ...
0
学び

フェルメール「手紙を書く婦人と召使い」|美の巨人たち

ヨハネス・フェルメールの「手紙を書く婦人と召使い」は縦71.1cm、横60.5cmの油彩画です。 フェルメール「手紙を書く婦人と召使い」 デルフトの町に生きて オランダ南西部の町デルフトは、フェルメー...
0
偉人の人生・エピソード

ムンク 自我の叫び|日曜美術館

エドヴァルド・ムンクは、80年の生涯で2万点以上の作品を残しました。ムンクは自分が気に入ったモチーフは何度も繰り返し描きました。同じ作品を繰り返し描く一方で、ムンクは生涯自画像を描き続けました。 自画像で辿るムン...
0
学び

フェルメールの「ワイングラス」 光の魔術師が仕掛けた恋のからくり|美の巨人たち

ヨハネス・フェルメールは、オランダ・デルフトのわずか1km四方の世界で生涯を過ごした画家です。彼がこの世に残した作品は三十数点です。 ヨハネス・フェルメール「ワイングラス」 フェルメール「ワイングラス」 ...
0
学び

ピエール・ボナール「黄昏(クロッケーの試合)」|美の巨人たち

19世紀後半のパリは、モネやルノワールに代表される印象派や、ゴッホやゴーギャンたちポスト印象派が美術界に新たな潮流を生み出した時代。そこにさらなる流れを生み出した画家がピエール・ボナールです。 生涯に渡って親交の...
0
学び

ジョルジュ・ルオー 「聖顔」に込めた魂の救済|日曜美術館

ジョルジュ・ルオーが生まれたのは1871年。パリで家具職人をしていた敬虔なカトリック教徒の家で育ちました。 やがてジョルジュ・ルオーは絵に関わる仕事がしたいとステンドグラスの職人を目指します。光によって鮮やかに浮...
0
学び

小林古径「清姫」 熊野に伝わる悲しき伝説&線に込めた究極の凄技|美の巨人たち

小林古径(こばやしこけい)作「清姫」は、8つの場面で描かれた絵物語です。 愛と悲しみの物語 物語の始まりは、奥州から熊野詣でに旅立った2人の僧の姿です。後ろの若者は安珍(あんちん)という名の絶世の美男子。何...
0