ららら♪クラシック

学び

「ダニー・ボーイ」 心打つアイルランドのメロディー|ららら♪クラシック

「ダニー・ボーイ」はアイルランド民謡です。アイルランド出身の作曲家スタンフォードがこの曲をクラシックの世界にいざないました。また、「ダニー・ボーイ」はアメリカに渡ったアイルランド人たちの心の歌でもあり...
0
学び

バッハの「ゴールトベルク変奏曲」|ららら♪クラシック

「ゴールトベルク変奏曲」は多くの演奏家が愛してやまない鍵盤音楽の傑作。音楽の父バッハの代表作の一つです。静かで美しいメロディーが印象的です。 しかし、ただキレイなだけではありません。時に...
0
学び

サン・サーンスが「動物の謝肉祭」に込めた皮肉|ららら♪クラシック

皮肉の祭り?「謝肉祭」 全部で14の小さな曲が集まってできた組曲「動物の謝肉祭」は、ライオンやカメ、ゾウ、白鳥などのお馴染みの動物たちが音楽で描かれています。 謝肉祭とは「カーニバル」...
0
学び

シューベルトの「魔王」|ららら♪クラシック

ある調査によると「音楽の授業で習った中で最も印象深かった曲は?」という質問でシューベルトの「魔王」が圧倒的に1位だったと言います。 フランツ・ペーター・シューベルト 「魔王」人気の...
0
学び

ドビュッシーの「こどもの領分」|ららら♪クラシック

親バカから生まれた名曲 フランスを代表する作曲家ドビュッシーですが、彼の意外な側面がうかがえるピアノ組曲があります。それが「こどもの領分」です。この曲が書かれた背景にはドビュッシーが愛したたった一人...
0
学び

ラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」|ららら♪クラシック

鍵盤の端から端までを左手一本で縦横無尽に移動しながら演奏する左手のためのピアノ協奏曲。作曲したのは20世紀初頭フランスで活躍したラヴェル。きっかけは戦争で右手を失ったウィトゲンシュタインというピアニス...
0
学び

ベートーベンの交響曲 第9番 ~日本初演100年 歓喜の歌のヒミツ~|ららら♪クラシック

ベートーベンの交響曲第9番、通称「第9(だいく)」は今年は日本初演から100年。今や日本人の愛唱歌と言っても過言ではありません。日本で初めて第9が響いたのは徳島県。しかも、場所は収容所でした。 ...
0
学び

ショパンとリスト ライバル物語|ららら♪クラシック

ピアノの貴公子ショパンとリスト。内気で繊細なショパンと、社交的で自信家のリスト。互いの才能を認め合った二人は19世紀パリの音楽界を牽引しました。しかし、その友情は思わぬ形で引き裂かれることになりました...
0
学び

ストラヴィンスキー「春の祭典」|ららら♪クラシック

「春の祭典」はバレエ音楽ですが、バレエらしい甘いメロディーや感動的なハーモニーは一切ありません。作曲者はロシア生まれのイーゴリ・ストラヴィンスキー。華やかなバレエ音楽を次々と発表し、30歳で書いた意欲...
0
学び

マーラーの「アダージェット」 ~絶望の果てにつかんだ愛の世界~|ららら♪クラシック

グスタフ・マーラーの「アダージェット」は、41歳で結婚したマーラーが若き新妻にささげた音楽です。しかし、彼が描いたのはありふれた幸せとはかけ離れた世界でした。 グスタフ・マーラー 新妻...
0