美の巨人たち

テレビ東京の「美の巨人たち(びのきょじんたち)」で放送された内容をまとめています。

学び

アンリ・ルソーの「戦争」 世界一下手な画家の想いとは…|美の巨人たち

アンリ・ルソーは19世紀後半から20世紀はじめに活躍したフランス人画家です。「美術史上これだけ欠点の多い画家はいない」とまで言われ、作品を発表するたびに人々を大いに笑わせてきました。そんなルソーが描いた戦争の絵とは?
0
学び

黒田清輝の「智・感・情」|美の巨人たち

黒田清輝作「智・感・情」は、縦180cm、横100cmの大きなキャンパスに描かれた3枚の裸婦像です。 右側が「智」、額に手を当て何か思いつめたような様子です。中央は「感」、どこか冷たく無機質な表情。左側は「情」、...
0
学び

フェルメール「手紙を書く婦人と召使い」|美の巨人たち

ヨハネス・フェルメールの「手紙を書く婦人と召使い」は縦71.1cm、横60.5cmの油彩画です。 フェルメール「手紙を書く婦人と召使い」 デルフトの町に生きて オランダ南西部の町デルフトは、フェルメー...
0
学び

フェルメールの「ワイングラス」 光の魔術師が仕掛けた恋のからくり|美の巨人たち

ヨハネス・フェルメールは、オランダ・デルフトのわずか1km四方の世界で生涯を過ごした画家です。彼がこの世に残した作品は三十数点です。 ヨハネス・フェルメール「ワイングラス」 フェルメール「ワイングラス」 ...
0
学び

ピエール・ボナール「黄昏(クロッケーの試合)」|美の巨人たち

19世紀後半のパリは、モネやルノワールに代表される印象派や、ゴッホやゴーギャンたちポスト印象派が美術界に新たな潮流を生み出した時代。そこにさらなる流れを生み出した画家がピエール・ボナールです。 生涯に渡って親交の...
0
学び

小林古径「清姫」 熊野に伝わる悲しき伝説&線に込めた究極の凄技|美の巨人たち

小林古径(こばやしこけい)作「清姫」は、8つの場面で描かれた絵物語です。 愛と悲しみの物語 物語の始まりは、奥州から熊野詣でに旅立った2人の僧の姿です。後ろの若者は安珍(あんちん)という名の絶世の美男子。何...
0
学び

モネの「ジヴェルニーの庭と家」|美の巨人たち

数々の名作を生んだクロード・モネが、自ら最高傑作と称した作品が「ジヴェルニーの庭と家」です。モネが庭師と作り上げ、数十年かけて完成させながら死後荒れ果ててしまった庭です。 画家が造った花と水の楽園 モネがパ...
0
学び

ウィリアム・ターナーの「難破船」|美の巨人たち

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの「難破船」は、嵐の海の一瞬を切り取った風景画です。 「難破船」 ターナーが「難破船」を描いた1805年、大英帝国の誇りをかけた戦いが起こりました。ヨーロッパへの侵...
0
学び

ベラスケス「セビーリャの水売り」|美の巨人たち

ディエゴ・ベラスケス「セビーリャの水売り」 ディエゴ・ベラスケス作「セビーリャの水売り」はイギリスのアプスリーハウスに収蔵されています。縦106cm、横82cmの油彩画です。ベラスケス20歳の時の傑作です。 ...
0
学び

ミレイの「オフィーリア」|美の巨人たち

むせかえるような自然の中、流されていくオフィーリア。生と死のはざまで彼女が身をまかせているのは絶望なのか恍惚なのか…そして、モデルをつとめたエリザベス・シダルもまた悲劇の死をむかえた…
0