日曜美術館

NHK・Eテレの「日曜美術館」で放送された内容をまとめています。

偉人の人生・エピソード

アンリ・マティス|日曜美術館

絵画の常識を破るアンリ・マティスの作品は、「野蛮で暴力的で野獣のようだ」と言われました。なぜ画家になったのか?マティスの色彩へのこだわりを解説します。
0
偉人の人生・エピソード

ムンク 自我の叫び|日曜美術館

エドヴァルド・ムンクは、80年の生涯で2万点以上の作品を残しました。ムンクは自分が気に入ったモチーフは何度も繰り返し描きました。同じ作品を繰り返し描く一方で、ムンクは生涯自画像を描き続けました。 自画像で辿るムン...
0
学び

ジョルジュ・ルオー 「聖顔」に込めた魂の救済|日曜美術館

ジョルジュ・ルオーが生まれたのは1871年。パリで家具職人をしていた敬虔なカトリック教徒の家で育ちました。 やがてジョルジュ・ルオーは絵に関わる仕事がしたいとステンドグラスの職人を目指します。光によって鮮やかに浮...
0
偉人の人生・エピソード

ミケランジェロ ~「人間」のすべてを彫る~|日曜美術館

ミケランジェロ・ブオナローティは、20代の頃から数々の傑作を生みだし「神のごとき」とたたえられたルネサンスの彫刻家です。若くして名声を得たものの、ミケランジェロは満足することなく生涯新しい表現を探し続けました。 ...
0
偉人の人生・エピソード

宮廷画家ベラスケスの実験 ~静かな絵画革命~|日曜美術館

人々を惹きつけてやまないベラスケスの絵画は、革新的な技法によって生み出されたものでした。 「バリェーカスの少年」での実験 「バリェーカスの少年」は当時王宮にいた障害がある背の低い少年を描いたものです。王族の...
0
学び

オディロン・ルドンのまなざし ~見えないものを見る~|日曜美術館

19世紀後半のパリで、新しい芸術運動が花開こうとしていました。印象派です。鮮やかな色彩を使った表現は人々を驚かせました。 しかし、同時代のパリにモノクロの奇妙な絵を描いた画家がいました。オディロン・ルドンです。独...
0
学び

ルノワール「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢」 名画がたどった140年|日曜美術館

モデルは実在の少女。パリに暮らす裕福な銀行家の令嬢イレーヌ。当時8歳でした。この絵はその後、数奇な運命をたどりました。そしてモデルのイレーヌも運命に翻弄されました。その後、辿り着いた安住の地は…
0
学び

ミュシャ 未来を見つめる超大作|日曜美術館

アルフォンス・ミュシャがパリで活躍した時代、アール・ヌーヴォーと呼ばれる新しい装飾芸術が花開きました。草花をモチーフにした曲線的なデザインを特徴とします。ミュシャはアール・ヌーヴォーを広めた立役者でした。 アルフ...
0
学び

ティツィアーノ ~ヴェネツィア 欲望の色彩~|日曜美術館

ティツィアーノ・ヴェツェッリオは、16世紀のイタリアで巨万の富を築いた画家です。人々を夢中にさせたのは匂い立つようなリアリティ。ティツィアーノの手にかかれば、神話の一場面もめくるめく官能の世界に。その魔法は権力者たちを...
0
学び

汝窯青磁 幻の青磁 千年の謎|日曜美術館

東京国立博物館に直径17cmの小さな器が展示されています。1000年程前に作られた中国の汝窯青磁(じょようせいじ)です。世界に90点余りしかありません。この器を手に入れたのは作家の川端康成でした。 2012年、世...
0