「ダニー・ボーイ」 心打つアイルランドのメロディー|ららら♪クラシック

「ダニー・ボーイ」アイルランド民謡です。アイルランド出身の作曲家スタンフォードがこの曲をクラシックの世界にいざないました。また、「ダニー・ボーイ」はアメリカに渡ったアイルランド人たちの心の歌でもありました。

 

「ダニー・ボーイ」がクラシックに根付くまで

ロンドンデリーは「ダニー・ボーイ」の故郷と言われる街です。19世紀、街角でこの曲を演奏していた盲目のバイオリン弾きの演奏を、民謡収集家のジェイン・ロスが記録しました。そして、1855年に発表された「アイルランドの古い音楽」という楽譜集の一曲として知られるようになりました。

 

この曲には名前がなく楽譜には「曲名不明」と書かれていました。この曲がいつからクラシックの曲として演奏されるようになったのかはハッキリしません。

 

最初の例は証明することは難しいですけれど、おそらくスタンフォードが「アイルランド狂詩曲」の中で使った。ですからイングランドの音楽上層部の中で地位を得て影響力もあったアイルランド系の人たちが「ダニー・ボーイ」を編曲したり自分の作品の中に取り入れたのが、クラシックの世界で「ダニー・ボーイ」が認知された契機になったのではないか。

(防衛大学校教授 等松春夫)

 

スタンフォードの代表曲の一つ「アイルランド狂詩曲」の第一番は「ダニー・ボーイ」のメロディーで埋め尽くされています。この曲が作曲された1901年の時点で、すでにイギリスでは「ダニー・ボーイ」がアイルランドを象徴するメロディーとして知られていたことがうかがえます。

 

スタンフォードは1852年にアイルランドで生まれ、イギリスで活躍した作曲家です。イギリス王立音楽大学の設立にも関わり、教育者としても輝かしい業績を残しました。

 

スタンフォードはこの学校でホルストやヴォーン・ウィリアムズなど後の大作曲家を数多く育てました。弟子のホルストたちはイギリスの民謡を取り入れた作品で知られています。しかし、スタンフォードは民謡を引用することには否定的でした。

 

本人はベートーベンとかブラームスのようなドイツの音楽の伝統というものを尊重した人だから弟子たちからすると非常にうるさい厳しい先生だった。スタンフォード先生にしごいてもらって良かったと。スタンフォードの影響を逃れてからのびのびと作曲できるようになったと。

(防衛大学校教授 等松春夫)

 

そんなスタンフォードも年を重ねるにつれ、故郷の音楽の魅力に気づいていきました。41歳から20年の歳月をかけ6曲が作られた「アイルランド狂詩曲」そこにはアイルランドの民謡のメロディーやリズムがいきづいています。

 

彼が人生の後半に見つめたのは、生まれ故郷のアイルランドだったのです。

 

アイルランド出身の自分がイギリス本土で功なり名を遂げてイギリス音楽界の大立者になって社会的地位もあって影響力もあって、過去を回想したとき自分の幼年時代とか少年時代の思い出が沸き上がってきて自分のルーツを音楽的作品に託して世間に発信したいと。発信してみたらイングランド人とかウェールズ人、スコットランド人も気に入ってくれたから「ああこれで良かったんだ」と。

スタンフォードが民謡を自分の交響曲や「アイルランド狂詩曲」に使ったということは、「ダニー・ボーイ」を含むアイルランド民謡がイギリス音楽界で市民権を得るきっかけになった。

(防衛大学校教授 等松春夫)

 

スタンフォードが伝えた「ダニー・ボーイ」は、今なお美しく響き渡っています。

 

移民の「心の歌」から世界の名曲へ

世界中の様々な歌手や演奏家がその魅力を伝えてきた「ダニー・ボーイ」ロンドンデリーの名前のない歌が「ダニー・ボーイ」として発表されたのは1913年のことでした。

 

イギリスの弁護士にして作曲家のフレデリック・ウェザリーが歌詞をつけました。「ダニー・ボーイ」が世界的に広がった背景には海外に渡った人たちの存在があります。

 

19世紀半ば、アイルランドを大規模な飢饉が襲いました。飢えと病気が蔓延し、苦しい生活から新天地を求め200万もの人々が海外への移住を余儀なくされました。特にアメリカは最大の渡航先でした。

 

各地で身を寄せ合うようにし暮らしていたアイルランドの人たち。彼らにはみんなで歌える祖国の歌というものがほとんどありませんでした。

 

そこに登場したのがウェザリーが歌詞を書いた「ダニー・ボーイ」です。懐かしい郷愁が彼らを惹きつけました。

 

1914年、第一次世界大戦が勃発。「ダニー・ボーイ」は厳しい戦時下でアイルランド移民だけでなく、世界中の人々の心をうつ曲として広まっていったのです。

 

移民がアイルランドから米英に去っていくというシチュエーションでもあるが、戦場に自分の子どもや家族、親戚を送る思いをたくさんの人がアメリカ、アイルランドだけでなく世界各国であったわけで、そういう社会状況がもたらした人々の気持ちに響いた。

(音楽評論家 五十嵐正)

 

「ららら♪クラシック」
ダニー・ボーイ
心打つアイルランドのメロディー

コメント