芸術

学び

ジョルジュ・ルオー 「聖顔」に込めた魂の救済|日曜美術館

ジョルジュ・ルオーが生まれたのは1871年。パリで家具職人をしていた敬虔なカトリック教徒の家で育ちました。 やがてジョルジュ・ルオーは絵に関わる仕事がしたいとステンドグラスの職人を目指します。光によって鮮やかに浮...
0
学び

小林古径「清姫」 熊野に伝わる悲しき伝説&線に込めた究極の凄技|美の巨人たち

小林古径(こばやしこけい)作「清姫」は、8つの場面で描かれた絵物語です。 愛と悲しみの物語 物語の始まりは、奥州から熊野詣でに旅立った2人の僧の姿です。後ろの若者は安珍(あんちん)という名の絶世の美男子。何...
0
学び

「ダニー・ボーイ」 心打つアイルランドのメロディー|ららら♪クラシック

「ダニー・ボーイ」はアイルランド民謡です。アイルランド出身の作曲家スタンフォードがこの曲をクラシックの世界にいざないました。また、「ダニー・ボーイ」はアメリカに渡ったアイルランド人たちの心の歌でもありました。 「...
0
学び

バッハの「ゴールトベルク変奏曲」|ららら♪クラシック

「ゴールトベルク変奏曲」は多くの演奏家が愛してやまない鍵盤音楽の傑作。音楽の父バッハの代表作の一つです。静かで美しいメロディーが印象的です。 しかし、ただキレイなだけではありません。時には激しく、時には切なく、一...
0
偉人の人生・エピソード

シェイクスピア 天才劇作家の舞台裏|ザ・プロファイラー

シェイクスピアは生涯で40もの戯曲を書きました。しかし、直筆の原稿は全て消失しています。シェイクスピア自身が書いた文字は、署名をふくめ14語しか残っていません。 プライベートの手紙もなく、残された記録は洗礼や婚姻...
0
学び

サン・サーンスの「動物の謝肉祭」|ららら♪クラシック

皮肉の祭り?「謝肉祭」 全部で14の小さな曲が集まってできた組曲「動物の謝肉祭」は、ライオンやカメ、ゾウ、白鳥などのお馴染みの動物たちが音楽で描かれています。 謝肉祭とは「カーニバル」のこと。仮装したり仮面...
0
学び

シューベルトの「魔王」|ららら♪クラシック

ある調査によると「音楽の授業で習った中で最も印象深かった曲は?」という質問でシューベルトの「魔王」が圧倒的に1位だったと言います。 フランツ・ペーター・シューベルト 「魔王」人気の秘密とは シュ...
0
学び

ドビュッシーの「こどもの領分」|ららら♪クラシック

親バカから生まれた名曲 フランスを代表する作曲家ドビュッシーですが、彼の意外な側面がうかがえるピアノ組曲があります。それが「こどもの領分」です。この曲が書かれた背景にはドビュッシーが愛したたった一人の娘の存在があ...
0