ペトラ遺跡 砂漠に消えた古代文明の謎|地球ドラマチック

NHK・Eテレの「地球ドラマチック」でペトラ遺跡 砂漠に消えた古代文明の謎について放送されました。

 

見いだされた”砂漠の宝石”

ヨルダン南部、砂と岩に覆われた高原地帯で1812年、スイスの探検家ヨハン・ブルクハルトは古代の失われた都市の噂を追っていました。土地の人に導かれてブルクハルトは岩の隙間の狭く曲がりくねった道を進みました。視界が開けた時、ヨーロッパの人間として初めてペトラ遺跡を発見した人物となりました。2000年以上も前の高さ40メートルに及ぶファサード。それは巨大な岩を掘って作られていました。ファサードの先には紀元前300年頃にさかのぼる失われた古代都市ペトラの遺跡が広がっています。19世紀、ブルクハルトが世に紹介して以来、ペトラは世界中の人々の想像をかきたててきました。遺跡には広さが1.6㎢もある建物、神殿、劇場、何百という数の墓が存在しています。しかし、この壮大な遺跡は研究者を長年悩ませてきました。古代の人々はこれほど精密に作られた都市を捨てたのでしょうか。

 

砂漠の民ナバテア人の都

ペトラの街を築いたのはナバテア人と呼ばれる砂漠の遊牧民でした。紀元前300年頃、ナバテア人は中東地域の多くの部族の中で頭角を現し、ヨルダン南部に彼らの都であるペトラを築きました。この砂漠の地は1年に100ml程しか雨が降らず定住するのは不可能に近い場所です。しかし、ナバテア人は水の扱いにかけては天才的で砂漠をオアシスに変えてしまいました。ペトラは貴重な香辛料や香料を扱う賑やかな商業都市となっていました。それほどまでに繁栄した都市ペトラはいつ、どのようにして終わりをむかえたのでしょうか。

 

町を取り囲む墓

ペトラ遺跡の本格的な発掘調査が始まって数十年、研究者たちはついに長年の疑問に答えを見出し始めています。手がかりは岩山をくりぬいて作られた数々の石窟に隠されていました。発掘により、これらは人々の共同墓であることが分かりました。ペトラの人々は普段の生活空間から死者を遠ざけようとはしなかったようです。研究者たちは共同墓から見つかった副葬品の年代を調べました。すると、ある奇妙な事実が浮かびあがりました。墓におさめられた工芸品はみな西暦100年頃までのもので、それ以降墓が使われた形跡がないのです。ナバテア人が彼らの都市を築いてから約400年後、ペトラに何が起きたのでしょうか。研究者たちが注目したのは墓から見つかった人間の歯でした。

 

共同墓が放棄された理由

疫病や栄養失調による骨の異常は見つかりませんでした。歯のセメント質の層を数えることで死者の死亡時の年齢を推定することができます。古代の社会では死はほとんどの場合、誕生直後か老化によってもたらされます。そこで、それらの年代を除いた若者や大人の死者の割合を調べました。もし、その割合が高ければ何か普通ではない事態、災害や疫病が人の命を奪った可能性が高まります。しかし、埋葬されていた死者のほとんどは幼い子供か老人でした。謎は解けませんでした。なぜペトラの街の墓は西暦100年頃を境に使われなくなったのでしょうか。

当時、ローマ帝国はエジプトやアラビア方面にまで勢力を拡大させていました。西暦106年にはローマ人がペトラを手中におさめたという記録が残されています。当時のコインには一方の面にローマ皇帝、もう一方にはナバテア人の像と「獲得」という文字が刻まれています。征服ではなく「獲得」という言葉からナバテア人はローマの支配のもとでもペトラにとどまったことが分かります。ローマの支配はナバテア人の死者の埋葬方法にまで及びました。ナバテア人が従来の墓を使わなくなった時期はローマに併合された時期と重なります。ローマ人は死を忌まわしいものと考え、墓地を生活空間から遠ざけました。そのため、2世紀頃に街の中心部にある墓が使われなくなった事実はペトラから住民が消えたことを示すわけではありません。ペトラはローマ帝国の都市となったのです。

 

4世紀の大地震で滅亡!?

記録によればペトラの街はその後も繁栄し続けました。しかし、ペトラの将来は決して安泰ではありませんでした。強大なローマ帝国といえども自然災害には抗えなかったからです。多くの学者がペトラの滅亡の要因としてあげるのが363年に起きた大地震です。マグニチュードでいうと8か9以上です。このときの地震はペトラの北のエルサレムにも大きな被害をもたらしました。この地震によって当時栄えていたいくつかの都市が寂れることになりました。

 

衛生画像による新発見

考古学者のクリストファー・タトルは衛生画像をもちいた最新の調査によって大地震以降もペトラの街で人々が活動していた証拠となる建造物の後を発見しました。その壇は大地震が起きた363年よりもかなり前に建てられたものでした。考古学的証拠により壇には多神教のナバテア人が神々を祀っていた建物があったことが分かりました。建物は東側に門があり、西に向かって儀式を行うように作られていました。ナベテア人の古い王国時代の神殿の特徴です。しかし、ある時から建物の東側の門は閉じられ西側に新たな門が作られました。神殿はキリスト教の礼拝堂に変わったのです。出入口を西側におくのはキリスト教会の習わしです。大地震の後、この辺りにはキリスト教が急速に普及しました。こうした移行は地震の後もナバテア人がペトラに残りキリスト教という新しい宗教を受け入れたことを示しています。人々は災害から立ち上がるために新たな宗教の力を求めたのかもしれません。363年の大地震はペトラ滅亡の原因ではなかったのです。

 

歴史を物語る新証拠!

考古学者のズビグニュー・フィーマは教会の遺跡を発掘していたさい、偶然建物の裏側に秘密の部屋を発見しました。その部屋には火事の後があり、ひどくいたんでいました。そこからは140本以上のパピルスの巻物が見つかりました。傷みが激しく今にも崩れそうでしたが、かろうじて判読することができました。

 

巻物が解き明かす暮らし

現在、ヨルダンにある研究センターには多数の専門家が結集し巻物の解読に取り組んでいます。解読された文書は契約書、遺言、土地の権利証など人々の日々の生活のいったんを表すものでした。全て6世紀のものであることも分かりました。ある文書にはテオドルスというナバテア人の男性についての記述がありました。それは大地震から200年後もナバテア人がペトラにとどまり、繁栄していたことを示す証拠です。ナバテア人はローマ帝国に組み込まれた後もペトラの繁栄を維持し、その後の大地震を乗り越えて少なくとも6世紀後半まで活動していました。

 

都市の生命線 水道

砂漠の都市ペトラが繁栄したのはナバテア人が希少な資源「水」を管理する能力に長けていたからでした。水路のネットワークを複雑に張り巡らせ、貯水槽やダムを配備する、そのような驚異的な技術があってこそ雨が少ない砂漠でも一年中水を確保することができたのです。街の周辺には何十もの貯水施設があり、雨水を一滴残らずためていました。貯水槽の水は街を縦横に走る水路を通っていたるところにもたらされました。計算により1日に約4500万リットルもの水が街の全世帯と農業用に供給されていたことが分かりました。さらに王宮には大量の水をためられる長さ40メートル以上のプールもありました。しかし、水と格闘するナバテア人の歴史には暗い秘密もありました。

 

砂漠の洪水の恐怖

地質学調査によってペトラの街が別の惨事に巻き込まれた可能性が明らかになりました。メインストリートで考古学者たちは奇妙な白い砂を発見しました。付近の岩山は赤味を帯びていますが、発掘された大量の砂は白っぽい色です。大量の砂が岩山の上から谷底まで運ばれてきていたのです。とてつもなく大きな洪水に見舞われたのだと考えられました。非常に乾燥した砂漠地帯では局地的な洪水「鉄砲水」が起きることが知られています。11月から3月までの雨期の間、時おり降る激しい雨は乾いた硬い地面には吸収されません。溢れた水が大量の土砂と共に流れ大災害を引き起こすことがあるのです。ペトラの街の入り口にシークという長さ1.2kmの狭い谷があります。幅は場所によっては3メートル程しかありません。ここに鉄砲水が押し寄せると急激に水位を増して激流となります。1963年、実際にこの場所で鉄砲水による災害が起きました。シークに流れこんだ激流は22人の観光客の命を奪いました。

 

町を襲った鉄砲水

鉄砲水の危険性については古代のナバテア人も十分に認識していたことが考古学的証拠によって明らかになっています。人々は洪水が起きる前に先手を打とうとしました。シークはペトラの街の玄関口です。ナバテア人はこの場所の安全を確保するために特別な仕組みを作りました。雨水を逃がすトンネルです。このおかげで突発的な雨でもシークは水浸しにならずにすみました。しかし、周到に作られたはずのトンネルにも欠陥がありました。天井の一部が大きくえぐれています。落石が起きてトンネルが封鎖されたのです。シークから水を逃がすためのトンネルが部分的に封鎖されてしまいました。土砂降りの雨が降ったさいにはこのことが町にとって大きな脅威となったことでしょう。

 

それでも町は生き延びた

発掘チームは土砂に埋もれていたコインの年代から大洪水は5世紀の初頭に起きたと結論づけました。それは恐ろしい大地震からわずか数十年後です。一方、別の場所から見つかった大量の文書からナバテア人は6世紀までこの町で活動していたことが証明されています。ナバテア人は4世紀の大地震と5世紀の大洪水を乗り越え、街を再建したのです。つまり、ペトラ滅亡の原因はまだ謎のままです。

 

町の衰退とイスラム帝国の台頭

最後の手がかりは新たに町の一角で「青い礼拝堂」で発見されました。発掘チームは倒壊した建物の床に焼け焦げた動物の骨を発見しました。それは、聖なる礼拝堂がある時代を境にありふれた調理場に変わったことを示しています。動物の骨の年代は658~782年であることが分かりました。これまでの発見でペトラは6世紀にはまだかなり栄えていたことが証明されています。しかし、それから100~200年の後には聖なる礼拝堂はただの調理場になっていました。この事実はペトラの衰退の始まりを示すと考えられています。

ペトラが衰退したのは周りの世界の変化にもよります。その頃、アラビアの歴史は大きな転換期をむかえていました。7世紀、初期のムスリムによる大征服の時代、イスラム帝国はその勢力を急速に拡大しました。聖なる都メッカへの巡礼ルートには新たな都市が築かれましたが、ペトラはその時代の変化からは取り残されました。ペトラは巡礼ルートからは離れていたため重要な都市とはみなされなくなったのです。イスラム帝国の台頭によりペトラは徐々に衰退しました。しかし、町が廃墟になった決定的な引き金は謎でした。

 

なぜ町は廃墟になった?

748年か749年頃、一帯を巨大な地震が襲いました。倒壊しうち捨てられたかつての礼拝堂は人々がついに町を再建できなかったことを示しています。町の生命線、水の供給システムにも甚大な被害が及びました。住民は次第によその地へと移っていきました。こうしていくつもの要因が重なってペトラは廃れたのです。

 

住民が消え去った後、壮大な砂漠の都市は再び発見される日まで長い眠りにつきました。しかし、研究者たちはペトラ遺跡に残された時間が限られたものであることを危惧しています。強い日差しや風雨、小さな地震が少しずつ遺跡を蝕んでいるのです。

 

TREASURES DECODED:EP.RIDDLE OF PETRA
(イギリス 2017年)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。