野生ヒョウのマナナ ~絆を深めた17年間~|地球ドラマチック

NHK・Eテレの「地球ドラマチック」で野生ヒョウのマナナ~絆を深めた17年間~が放送されました。野生のヒョウはアフリカで最も近寄ることが難しい動物の一つです。低い木々が茂るアフリカのサバンナ。1万7000ヘクタールの草原にヒョウが20匹以上生息しています。この世界でも稀にみるヒョウの王国は南アフリカのロンドロジ動物保護区にあります。ここでは研究のためヒョウの生態が30年近くに渡って映像に記録されてきました。その中に人間との結びつきを強めた1匹のメスのヒョウがいます。そしてこのヒョウの撮影に一人のカメラマンが人生の20年近くを捧げました。ヒョウの名はマナナです。

 

動物カメラカマンのジョン・ヴァーティーは長年多くの野生のヒョウをカメラで追いかけてきました。中でも彼にとって特別なヒョウがいます。彼はこのメスのヒョウをマナナと呼んでいます。マナナとジョンは信頼関係で結ばれています。野生のヒョウは攻撃的でいつ襲ってくるか分かりません。しかしジョンはマナナからほんの数mの場所に座ることが出来ます。長年のうちにジョンはマナナのボディランゲージを学びました。今ではちょっとした身振りでマナナが彼に気を許しているか、遠ざけようとしているかが分かるのです。

 

彼らの絆が生まれたきっかけはマナナが生まれる10年以上前のある出会いでした。1979年、ジョンは仲間と共にヒョウの通り道を辿っていました。そしてヒョウの母と子供たちを発見。人間を察知すると大抵の母親は子供たちを隠してしまいますが、この時は違いました。母親のヒョウは特に警戒する様子もなく、彼らが子供たちを撮影しても平気だったのです。ジョンはこのメスのヒョウに注目し彼女の一生をカメラにおさめよとうと決心しました。それから12年間にわたりジョンはこのメスのヒョウの生態を克明に映像に記録し続けました。しかし、ある夜ライオンが獲物を仕留めた彼女を追っていました。この時、彼女は獲物を木に引っ張り上げたのですが位置が低すぎました。ライオンに追い詰められたメスヒョウは地面に飛び降りるしかありませんでした。そしてメスヒョウは無残に傷つき死にかけていました。傷は骨にまで達していました。ジョンは傷ついたヒョウが死んでいくのを見ているしかありませんでした。

 

ジョンたちが次に追いかけたのは死んだメスヒョウの娘でした。しかし彼女の性格は母親とはかけ離れていました。気まぐれで攻撃的なため慎重に後をつけなくてはなりませんでした。ある日、彼女が狩りに出かけた隙に巣穴を確かめると生後10日程のメスの子供がいました。ジョンはその子をマナナと名付けました。メスのヒョウは狩をしながら単独で子育てをします。そのため生まれたばかりの子供たちはしばしば無防備なまま巣穴に置いていかれます。ライオンやハイエナは競争相手を減らすために他の捕食動物の子供を殺します。無防備なヒョウの子供は容易い標的です。しかし幸いにも茂った藪と河川敷の岩が要塞のように巣穴を守っていました。マナナともう一匹の兄弟は遊びながら存分に狩の稽古をすることができました。目新しい生き物は子供たちに狩の本能を芽生えさせます。

 

大人のヒョウは自分の縄張りを持ち木々の上を住処として暮らします。木々が茂り多様な動物が生息するロンドロジ保護区はヒョウにとって申し分のない環境です。しかし獲物が多いところにはライバルの捕食動物も現れます。一人だちしたばかりのマナナにとって獲物を獲るのは最初のハードルにすぎません。ここでは獲った獲物を手放さずにいることの方がはるかに難しいのです。若いヒョウは仕留めた獲物を他の捕食動物から守ることの難しさを学びます。しかしマナナが4歳で母親になると試練はそれだけではすまなくなりました。捕食動物が絶えず子供の命を脅かすからです。ここではヒョウの子供の約半数が捕食動物に殺されます。マナナは優秀な母親です。彼女の巣穴は外からは全く見えません。そのうえマナナは数日ごとに子供たちを移動させ捕食動物につきとめられないようにしていました。ニオイで居場所を勘付かれないように同じ巣穴に長くはとどまりません。

 

しかし、そんなマナナの知恵でも勝つことのできない脅威が迫っていました。ヒゼンダニ症です。マナナと2匹の子供たちがヒゼンダニ症に感染してしまったのです。ヒゼンダニ症は自然界では死刑宣告に等しいものです。ジョンはヒゼンダニ症の治療薬を矢で打ち込むことにしました。3週間後、マナナと子供たちはすっかり元気になりました。ジョンの決断によりマナナの寿命は10年以上も延び、子供たちも無事大人になり一人立ちしていきました。

 

しかし、次に産まれた子供たちは幸運に恵まれませんでした。彼女の縄張りにオスのヒョウたちが現れたのです。縄張りを主張するオスのヒョウは自分の子以外の子供たちを殺します。ロンドロジ動物保護区では敵対する2匹のオスが互いの子供を次々と殺しました。メスに自分の子供を産ませるためです。マナナは2度の出産でもうけた子供たちを全て失った後、彼女なりに子供を救う作戦に出ました。マナナは一方のオスを探し出し交尾に誘い、その後もう一方のオスを探しだし同じことを繰り返しました。これなら、どちらのオスも生まれたのは自分の子供だと思うでしょう。このような行動をとるメスのヒョウはほとんど観察されたことはありません。

 

3か月後、マナナは1匹の子供を産みました。野生のヒョウは普通は1度に2~3匹の子供を産みます。1匹しか産まれなかった場合、ライオンなどはより多くの子供を産むためにその子を放棄することがあります。しかしマナナは1匹の我が子を育てることに決めました。巣穴は周囲から近づきにくい岩場にあり、トゲのある木々がその周りをガードしています。

 

ある日、マナナが子供を岩陰に隠し狩にでかけた間に子供がアフリカニシキヘビに食べられてしまいました。マナナは自らの命をかけて我が子を殺した相手を攻撃しました。傷を負ったニシキヘビは藪の中に逃げ込みましたが、マナナは決して諦めませんでした。3時間、岩の上に座りニシキヘビがいる穴を見張り続けたのです。ニシキヘビは丸のみにした子供を吐き出しました。緊迫した状況におかれたニシキヘビは素早く逃げるために身軽になろうとしたのです。マナナは攻撃をやめました。死んでしまった我が子を取り返したからです。マナナは死んだ我が子をくわえ、巣穴から離れた場所に運びました。そして我が子を食べ始めたのです。そうすることでマナナは死んでしまった我が子を弔っていたのだとジョンは言います。それからマナナは4日間も死んだ我が子を呼び求めていました。

 

子供を亡くすことは全てのヒョウの母親に突き付けられる運命です。マナナが産んだ8匹の子供のうち無事大人になったのは4匹だけです。マナナはいつまでも嘆いてはいられません。生きていかなければならないからです。そのためには狩をしなければなりません。

 

ヒョウは勝てる戦いしか仕掛けません。ただし例外が一つあります。それは縄張りをめぐる争いです。メスのヒョウは獲物、住処、巣穴の場所をめぐって死ぬまで戦うことがあります。マナナは最盛期には恐るべき戦士でした。彼女はこの辺りの最も良い場所を縄張りとしていました。しかし、その場所を維持するには頻繁に戦わなくてはなりません。ひどい傷を負う危険もあります。年月が経つにつれ、マナナはそうした傷がこたえるようになってきました。16歳になったマナナはかつてのように激しく戦うことはできません。若いメスがマナナの近くを平気で歩き回っています。自分のニオイをつけ一番良い場所を横取りしようとしているのです。マナナはそれをただ見ているしかありません。年老いたマナナはハイエナたちのおこぼれにありつき生き延びる足しにしています。

 

そして間もなくジョンがマナナをどこにも見つけられない日がやってきました。ジョンはマナナが逝ってしまったのだと悟りました。

 

LEOPARD QUEEN
(南アフリカ 2010年)


  1. マナナの物語は忘れることが出来ないものでしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)