アンビリバボー

事件

14歳年上の妻が夫を殺害した事件|アンビリバボー

絵里(仮名)は、かつて13歳年上の男性と結婚し長女を出産していましたが、性格の不一致で離婚。離婚後は地元を離れ娘と二人ひっそりと暮らしていました。 勤め先の市役所に高校を卒業して就職したばかりの雅和(仮名)が入社...
0
事件

横須賀線爆破事件|アンビリバボー

1968年6月16日、東京駅と久里浜駅を結ぶ横須賀線が東京駅に向けて走行していました。この日は父の日。雨でしたが、休日を過ごす家族連れが多く車内は和やかな空気に包まれていました。電車の6両目には、家族連れなど63名の乗...
0
世の中

華西村 中国の金持ち村の秘密|アンビリバボー

中国の平均年収は16240元(約26万円)ですが、華西村(かせいむら)の村人の年収は1000万円以上。彼らは村が経営する企業で働くサラリーマンです。 華西村は、村がいくつもの企業を経営し、村人の雇用を支えています...
0
世の中

3本足の犬ハチと難病の少年の奇跡|アンビリバボー

2014年2月にイギリスで出版された一冊の本が大きな話題を呼んでいます。 そこに記されているのは虐待を受け足を失った犬と、難病に苦しみ生きることに絶望してしまった少年のエピソード。傷を抱えた両者の出会いは、後にイ...
0
あの事件の真相

別府3億円保険金殺人事件 逮捕された荒木虎美|アンビリバボー

1974年11月17日、大分県別府国際観光港の第3埠頭に車が転落し、車内から荒木虎美(あらきとらみ)の妻と2人の娘が発見されました。救出された荒木虎美は、命に別状はなく外傷もありませんでした。この夫婦には15歳になる長...
0
世の中

フラワー長井線の奇跡の復活 ~うさぎ駅長もっちぃ~|アンビリバボー

山形県南部を走る「フラワー長井線」は山形鉄道が運営する唯一の路線で、1日の本数はわずか24本、社員数はたったの34人です。 2004年「スウィングガールズ」のロケ地として全国区に。しかし、利用者は年々減少しフラワ...
0
事件

テントガール伝説を解決した青年|アンビリバボー

アメリカ・ケンタッキー州モントレーに今も人々に語り継がれる伝説の墓石があります。そこに刻まれている名は「テントガール」奇妙な呼び名をつけられた女性の墓です。 30年間、身元不明のままだった死体。その正体は誰にも解...
0
世の中

倒産寸前の十勝バスを救った奇跡|アンビリバボー

北海道・帯広にあるバス会社「十勝バス」は3年前に快挙を起こしました。それは地方の路線バス会社が起こした全国初の奇跡でした。 物語の主人公、十勝バス株式会社の社長・野村文吾(のむらぶんご)さんの誠実さとあき...
0