Webサイト制作

本格的なレスポンシブデザインのホームページが5万円で作れる!

ココナラで依頼する

テントガール伝説を解決した青年|アンビリバボー

アメリカ・ケンタッキー州モントレーに今も人々に語り継がれる伝説の墓石があります。そこに刻まれている名は「テントガール」奇妙な呼び名をつけられた女性の墓です。

30年間、身元不明のままだった死体。その正体は誰にも解明できないと思われていましたが、テントガール伝説に挑んだ一人の若者がいました。

テントガール伝説に挑んだ若者

1997年、アメリカ・テネシー州リビングストンに住むトッド・マシューズは、子供の頃から幽霊や超常現象などオカルトが大好きな少年でした。

そんなトッドのガールフレンドの父親は、テントガールの第一発見者でした。

テントガール 迷宮入り

1968年5月17日、当時配管工をしていたウィルバー・リッジは工事のために現場の下見をしていて遺体を発見。遺体は若い女性のもので、顔は白い布で覆われ体はテントに使用される防水布で巻かれていました。

検死の結果、身長は約152cm、体重は約67kg、年齢は16~19歳と推定されました。頭部には殴られた痕があり爪はきれいに手入れされていました。しかし、遺体は腐敗が進んでおり身元の特定は不可能な状態でした。

地元警察はFBIと協力し頭蓋骨の形状から被害女性の似顔絵を作成。名前すら分からない女性をテントガールと名づけ情報提供を呼びかけました。

悲劇のテントガールに心を痛めたモントレーの人々は、寄付金を募って墓を建て手厚く葬りました。しかし、手がかりはなく捜査は難航。身元すら分からないまま事件は発生から5年で迷宮入りとなりました。

インターネットで調査

トッド・マシューズは、1998年にガールフレンドと結婚。テントガールが夢に出てきたことをきっかけに、テントガールの謎を解明することにしました。

1990年代、一般家庭にインターネットが普及し始めました。テントガールの家族は今も彼女を探しているのではないかと考え、トッド・マシューズは行方不明者の情報が集まるサイトをチェックしました。

すると、1967年にバーバラ・アン・ハックマン・テイラーという女性が行方不明になったという情報を発見。それは年代、場所ともにテントガールの状況とあっていました。

しかし、年齢は当時24歳。検死によるとテントガールの年齢は16~19歳と推定されていました。

トッド・マシューズは彼女がテントガールだと確信し、姉を探していると書き込んだ人物に連絡を入れました。それは1960年代、一般的に10代の女性が爪の手入れをする習慣がなかったにも関わらず、テントガールの爪はきれいに手入れされていたからです。

バーバラ・アン・ハックマン・テイラーは、若くして結婚し2人の子供をもうけていました。しかし、夫の話によればバーバラは幼い子供を残して家を飛び出していったと言います。

ところが、当時10歳だった妹のローズマリーは腑に落ちないことがありました。子供たちを可愛がっていた姉が、子供をおいていくとは思えなかったのです。

再捜査

トッド・マシューズとローズマリーは警察に再捜査を依頼。断られましたが、再三の頼みに再捜査が開始されました。

テントガールとバーバラのDNAを比較するためテントガールの墓が掘り返され、バーバラの妹ローズマリーのDNAが比較されました。

テントガールの正体が判明

1998年4月28日、テントガールがバーバラであることが判明。このことから、16~19歳だという検死の報告は遺体の腐敗による誤差とされました。

一方、警察は事件の真相を改めて調査。すると、当時バーバラと夫ジョージはケンカが絶えず夫婦仲が悪かったことが判明。そのため、夫のジョージがバーバラを殺したあと駆け落ちの作り話をでっちあげたものと結論づけました。

しかし、ジョージはすでに他界しており罰することはできませんでした。

テントガールの墓石の下には、バーバラの名前が刻まれた新たな石がおかれました。テントガールはついに自らの名前を取り戻したのです。

「奇跡体験!アンビリバボー」
テントガール伝説

スポンサーリンク
事件
レスポンシブデザインのHP制作
パソコン・タブレット・スマホ全てに対応したWebサイト制作を行っています。リラクゼーションサロンやネイルサロン、保育園、カフェ、習い事のお教室など、女性向けのサイト作りを得意としています。女性向けのデザイン重視のHP制作ならぜひお任せください。
テレビのまとめ

この記事のコメント