沖雅也の自殺の真相|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で沖雅也さんの自殺の真相について放送されました。

 

沖雅也(おきまさや)さんは1952年、大分県で生まれました。15歳で俳優になるため上京。年齢をごまかしバーテンダーをしていました。その時、日景忠男(ひかげただお)さんと出会いました。大病院の資産家だった日景忠男さんは沖雅也さんの人柄や魅力にひかれ、沖雅也さんのために芸能事務所を設立。さらに沖雅也さんを養子に迎えました。そして1968年、沖雅也さんが16歳の時に映画デビューを果たしました。またドラマ「さぼてんとマシュマロ」で沖雅也さんの名は一躍全国区に。人気役者となった沖雅也さんは31歳までに125本の映画やドラマに出演しました。

 

1981年4月11日、28歳の沖雅也さんは交通事故を起こしてしまいました。実父の墓参りへ向かう途中、運転を誤り高速道路の壁に激突。幸い事故の怪我は軽傷でしたが、沖雅也さんの精神状態は壊れていきました。そして躁うつ病の状態に。沖雅也さんは当面の仕事は全てキャンセルし精神科に緊急入院しました。

 

1983年6月28日、沖雅也は飛び降り自殺をしてしまいました。ホテルの部屋から見つかった沖雅也さんの遺書には「おやじ涅槃でまってる」と書かれていました。この言葉は沖雅也さんの日景忠男さんに対する愛情なのか、恨みなのか。同性愛疑惑報道も重なり、この言葉ばかり連日のようにクローズアップされました。しかし、この遺書には彼の意思と葛藤が記されていました。そこには「人は病む。いつかは老いる。死を免れることはできない。若さも健康も生きていることもどんな意味があるというのか。おやじ涅槃でまってる。沖雅也」と書かれていました。綴られていたのは老いることへの恐怖と、あまりにも強すぎる美へのこだわりでした。

 

沖雅也さんが自殺したホテルは半年前から予約されていました。自殺する半年前、沖雅也さんは闘病生活の影響で体重が10kg増加。美男子と言われていた頃と比べ、ふっくらとしていました。そして半年間沖雅也さんは走りこみ、ベストの体重に戻しこの世を去ったのです。彼は美しい姿で死にたかったのでしょうか。沖雅也さんの死の間際を見届けた警備員によると、沖雅也さんは飛び降りる瞬間わざわざ後ろ向きになり背中から身を投げたと言います。47階、高さ178mから飛び降りたにも関わらず顔には一切傷が残っていなかったそうです。そして沖雅也さんが亡くなった翌日、遺作ドラマ「蒲田行進曲」が放送されました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)