ヨハネス・フェルメールがこの世に残したのは30数点の油彩画。そのほとんどは日常の一コマです。そんなフェルメールがなぜ風景画を描いたのでしょうか?小説家マルセル・プルーストは「デルフトの眺望」と向き合い「世界で一番美しい絵を見た」と絶賛しています。美しさの秘密とは一体何か?描いた理由とは一体何か?その技法と意図が分かった時、画家の溢れる思いと街の秘密が解き明かされるのです。