美の巨人たち

学び

ピカソ「ゲルニカ」「科学と慈愛」|美の巨人たち

1937年4月、パブロ・ピカソはスペインからパリ万国博覧会のパビリオンに飾る壁画の依頼を受けていました。そんな時、祖国のニュースが飛び込んできたのです。独裁者フランシスコ・フランコの反乱軍を支援していたドイツのヒトラー...
0
学び

ルノワールのダンス三部作「都会のダンス」「田舎のダンス」「ブージヴァルのダンス」|美の巨人たち

私にとって絵とは愛らしい、そして楽しくて綺麗なもの。そう綺麗なもの!でなけりゃならないんだ。 (ピエール・オーギュスト・ルノワール) 「都会のダンス」と「田舎のダンス」は縦180cm、横90cm、ほぼ等身...
0
学び

レンブラント「夜警」|美の巨人たち

古くから世界三大名画と呼ばれている作品があります。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」、ディエゴ・ベラスケスの「ラス・メニーナス」、そしてレンブラント・ファン・レインの「夜警」です。 レンブラント「夜警」...
0
学び

フェルメールの「デルフトの眺望」|美の巨人たち

ヨハネス・フェルメールがこの世に残したのは30数点の油彩画。そのほとんどは日常の一コマです。そんなフェルメールがなぜ風景画を描いたのでしょうか?小説家マルセル・プルーストは「デルフトの眺望」と向き合い「世界で一番美しい絵を見た」と絶賛しています。美しさの秘密とは一体何か?描いた理由とは一体何か?その技法と意図が分かった時、画家の溢れる思いと街の秘密が解き明かされるのです。
0
学び

ミケランジェロ「最後の審判」|美の巨人たち

ミケランジェロ・ブオナローティの「最後の審判」はシスティーナ礼拝堂にあり、詩人ゲーテが「人間のなし得る最大の偉業」と呼んだ永遠不滅の作品です。 描かれているのは筋骨隆々とした裸体。キリストさ...
0
学び

ニコラ・サルヴィ「トレヴィの泉」|美の巨人たち

トレヴィの泉の1日の水量は約8万トン。水盤に投げ込まれるコインの総額は年間1億5000万円にもなるそうです。壮大な噴水はあらゆる面でスケールが桁違い。時と共に表情を変える美しさも人々を魅了してやみません。 ...
0
学び

エドワード・ホッパー「ナイトホークス」|美の巨人たち

エドワード・ホッパーは、20世紀のアメリカを代表する画家です。「ナイトホークス」は縦84cm、横152cmの油彩画です。舞台は路地裏にあるダイナーと呼ばれる食堂。ナイトホークスとは「夜更かしをする人々」という意味です。...
0
学び

ミレー「羊飼いの少女」|美の巨人たち

19世紀のフランスを代表する画家ジャン・フランソワ・ミレー。彼が生涯のテーマとしていたのが農村を描くこと。代表作である「落穂拾い」や「晩鐘」と並ぶ傑作が「羊飼いの少女」です。ミレーをフランスの国民的画家へと押し上げたのは「羊飼いの少女」でした。
0