知恵泉

学び

石田三成 劣勢を覆すには?|知恵泉

慶長3年(1598年)8月18日、天下人・豊臣秀吉がその生涯の幕を閉じました。すると、すかさず天下を手中におさめるべく動き出した人物がいます。徳川家康です。 徳川家康 250万石を有する大名にして五大老の...
0
学び

イザベラ・バード 明治日本を旅した英国女性|知恵泉

明治初頭、一人のイギリス人女性が日本にやってきました。女性の名はイザベラ・バード。アメリカ、カナダ、オーストラリアなど世界を巡り紀行文を発表していた旅行家です。彼女が来日した目的は開国したばかりの日本を世界に向けてレポートすることでした。
0
学び

大谷光瑞 大冒険を成功させるには?|知恵泉

アジアとヨーロッパをつなぐシルクロード、目も開けられないほどの砂嵐が吹き荒れるタクラマラン砂漠、そして気温-50℃にも下がるパミール高原。約100年前、こうした中央アジアの奥地に挑んだ日本人たちがいます。その名も大谷探検隊。実はこの探検隊、メンバーは全員お坊さん。彼らが大冒険をした理由は中央アジアに眠る古代仏教の貴重な秘法を見つけること。どうやって探検を成功に導いたのでしょうか?
0
学び

島津斉彬の人材育成術 変人こそが国の宝|知恵泉

慶応3年、260年以上続いた徳川幕府が倒れ、新しい時代の幕が上がりました。明治維新と呼ばれる歴史上の大転換を支えたのは英雄たち。西郷隆盛、大久保利通、坂本龍馬、高杉晋作など。幕末、なぜこれほど多才な若者たちが次々と現れたのでしょうか?そこには来るべき時代をみすえ教育に力を注いだ指導者たちの存在がありました。人材の宝庫と言われた薩摩藩で西郷たちを育て上げたのが島津斉彬(しまづなりあきら)です。
0
学び

島津義久 戦国奇跡の生き残り術|知恵泉

戦国最強 島津兄弟 室町幕府の弱体化により各地で領土争いが激化し始めた16世紀前半。南九州の有力大名・島津家に4人の子どもが誕生しました。義久、義弘、歳久、家久です。 島津家は鎌倉時代以来、守護大名をつと...
0
学び

杉原千畝 不屈の生涯 ~人生「まさか」の生かし方~|知恵泉

第二次世界大戦下のヨーロッパでナチス・ドイツの迫害から逃れようとしていたユダヤ人たち。彼らを救った日本人がいました。その名は杉原千畝(すぎはらちうね)「命のビザ」と呼ばれるユダヤ人がヨーロッパを脱出するためのビザを独断で...
0
学び

水戸黄門 ライフワーク「大日本史」の編纂を成し遂げるには?|知恵泉

水戸黄門こと徳川光圀(とくがわみつくに)は、徳川の御三家・水戸藩をおさめた実在のお殿様です。 徳川光圀のライフワークは歴史書「大日本史」の編纂でした。初代天皇に位置づけられる神武天皇から室町時代の半ばまで、...
0
学び

二宮尊徳(二宮金次郎) 人生立て直し術|知恵泉

農民・二宮金次郎 苦難の原点 手には書物、背中には蒔といったお馴染みの姿の二宮金次郎(にのみやきんじろう)ですが、彼が背負っていた現実はあまりにも過酷で不幸な運命でした。 二宮尊徳 天明7年(178...
0