ららら♪クラシック

学び

ドビュッシーの「海」|ららら♪クラシック

海に魅せられて クロード・ドビュッシー 印象派を代表する作曲家ドビュッシーは、フランスのカンヌで少年時代を過ごしました。 音楽家でなかったら船乗りになっていただろう (クロード・ドビュッシー) ...
0
学び

ガーシュウィンの「サマータイム」|ららら♪クラシック

母の歌声は希望の光 「サマータイム」はアメリカの作曲家ジョージ・ガーシュウィンの歌劇「ポーギーとベス」の中で歌われるアリアです。 舞台は1930年代のアメリカ南部チャールストンの海辺。厳しい生活を強いられ...
0
学び

サン・サーンスの交響曲第3番「オルガン付き」|ららら♪クラシック

創作スイッチはオルガンにあり サン・サーンスが円熟期の50歳で作曲した「交響曲第3番」は、オルガン付きと呼ばれるように、この曲の最大の特徴は交響曲にパイプオルガンを使っていることです。それまで、オルガンを使った交響曲は...
0
学び

シューベルトの「未完成交響曲」 音楽史上最大のミステリー|ららら♪クラシック

交響曲といえば普通は4楽章ですが、シューベルトの「未完成交響曲」は2楽章しかありません。未完成か完成か、音楽史上最大の謎です。 フランツ・ペーター・シューベルト 未完成交響曲のミステリー ・2楽章だけの...
0
学び

ブラームスの「弦楽六重奏曲第1番」|ららら♪クラシック

「弦楽六重奏曲第1番」はその情熱的なメロディは映画にも使われ多くの人々の心を揺さぶりました。弦楽六重奏は作曲当時ほとんど誰も挑んだことのない珍しいジャンルでした。それはある重圧と闘い続けた先にブラームスが見つけた一筋の光でした。そして、この曲の背景にはブラームスが愛した2人の女性の存在がありました。
0
学び

ミヨーの「スカラムーシュ」|ららら♪クラシック

「スカラムーシュ」はフランス生まれの作曲家ダリウス・ミヨーの代表作です。彼は思いがけない体験をきっかけにこの曲をかき上げました。
0
学び

ハイドンの弦楽四重奏曲「皇帝」|ららら♪クラシック

「皇帝」は弦楽四重奏の父と呼ばれるハイドンが65歳という円熟の境地でかいた名曲です。祖国オーストリアへの愛から生まれたメロディーを得意の弦楽四重奏曲に仕立てました。ハイドンの熱い思いと熟練のテクニックが融合した渾身の一曲です。
0
学び

ベートーベン 「月光」|ららら♪クラシック

ルートヴィヒ・ファン・ベートーベンは、ピアノソナタ「月光」で当時の常識を打ち破りました。 そして、曲のタイトル「月光」はベートーベンがつけたものではないのです。それなのに何故こんなにもこの名前が広まったので...
1