星光子の「ウルトラマンA」途中降板の真相|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」でウルトラマンシリーズ最強の美人女優・星光子さんの現在について放送されました。1972年に放送された「ウルトラマンA」は合言葉と共に男女の主役が合体するという新しい変身が話題に。その「ウルトラマンA」で主役に抜擢された女優が星光子(ほしみつこ)さん(当時23歳)でした。ウルトラマンシリーズで女性が主演になったのはいまだに星光子さんのみです。しかし彼女はレギュラー放送中の第28話で番組をおろされるという非情な現実を突きつけられてしまいました。そして失意のまま表舞台から姿を消しました。

 

芸能界引退後、星光子さんはサラリーマンの男性と結婚。現在65歳になった星光子さんは日本舞踊の師範となっています。しかし、今も「ウルトラマンA」で途中降板させられたことを引きずっていると言います。

 

星光子さんは高校卒業後、劇団四季に入団し、1972年に「ウルトラマンA」で主演に抜擢されました。しかし撮影開始から半年が経った第27話の撮影終了後、突然降板が突きつけられました。その日、いつも通り次回分の台本が配られたのですが、台本には星光子さんの名前がありませんでした。何とドラマで星光子さんの設定は地球人から突然「月星人」という星の人に変更され月に帰還したことにされていたのです。実はこの時、星光子さんは初めてのテレビドラマで右も左も分からないままで事の真相を誰にも聞くことができませんでした。降板させられたのは「自分に実力がないから」と思って生きてきたそうです。しかし、それは大きな勘違いでした。

 

番組では調査の末、当時のプロデューサーから降板の真相を聞くことができました。それは主役が男女2人という初めての試みをしたものの、短い時間の中で2人のストーリー作りにするのが難しくなりヒーローを1人に戻したというものでした。途中降板は星光子さんに非はなく、あくまで製作側の都合だったのです。ただ、所属事務所には伝えてあったそうです。