タキサイキア現象 危機的状況でスローモーションに感じる謎を解明|アンビリバボー

フジテレビの「奇跡体験!アンビリバボー」生死分けた脳の超常現象でタキサイキア現象について放送されました。タキサイキア現象とは交通事故など危機に陥った時に全てがスローモーションに感じる現象のこと。ギリシャ語で「頭の中の速度」を意味します。

 

このタキサイキア現象が起こるとき体内ではある変化が起きています。人間は90デシベル以上の音を聞くと本能的に恐怖を覚えます。その恐怖のシグナルが神経を通じて脳へと伝わり脳幹に達すると扁桃体へと伝わります。すると大量の出血を防ぐように血管が収縮し、血液中の化学物質は出血しても凝固しやすい成分へと変化します。

 

神経科学者のデビッド・イーグルマンは危険な状況下でスローモーションを感じるかの実験を行いました。23人の学生ボランティアを集め45メートルの鉄塔から後ろ向きに防護ネットに向かって落下させたのです。学生たちのほとんどがスローモーションに感じたと言います。さらにスローモーション現象による時間のゆがみを測定。その方法は落下するときに腕につけたデジタル時計バンドに通常ではよみとれない早さで2桁の数字を点滅させ読み取れるかどうか見極めるというもの。もし、スローモーションにより時間がゆっくり流れるのなら普段は絶対に読みとれない数字の点滅も読みとれるはずです。しかし結果は誰ひとり読みとれた人はいませんでした。つまりスローモーションに見えた感覚がしただけで実際にはスローモーションは起こっていなかったのです。

 

スローモーションに見える原因は脳の誤作動です。出血を最小限におさえ命を守ることを最優先に考えた脳は、それ以外の活動を低下させてしまいます。そのため、目から入った情報をうまく処理することができずコマ落としのような映像でしか処理できなくなってしまうのです。そのためスローモーションのように錯覚するのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。