新・映像の世紀 第3集「時代は独裁者を求めた」|NHKスペシャル

NHK総合テレビの「NHKスペシャル」新・映像の世紀で第3集「時代は独裁者を求めた」が放送されました。第二次世界大戦はそれまでの戦争とは全く違うものでした。5000万とも6000万とも言われる犠牲者の数。参戦国は50か国以上、戦火は世界に広がりました。ジェット戦闘機、弾道ミサイル、原子爆弾など新型殺戮兵器が登場。敵対する国家はそれぞれのイデオロギーをかかげました。巻き起こった憎悪と差別は大量虐殺を引き起こしました。戦死者の大半が軍人だったそれまでの戦争とは違い、犠牲者の7割が一般市民でした。そして世界を覆った狂気の中心にいたのはアドルフ・ヒトラーでした。

 

1923 そして独裁者が生まれた

1923年、ナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)を率いていたヒトラーはクーデターに失敗しランツベルク刑務所に投獄されていました。第一次世界大戦の敗戦国となったドイツは多額の賠償金が払えず経済はどん底に落ちていました。国民は天文学的な物価上昇に苦しんでいました。獄中のヒトラーを支援していたのがドイツの名門音楽家ワーグナー一族です。後にワーグナー家の当主となるヴィニフレート・ワーグナーはヒトラーの演説を聞いて虜になりました。アメリカにコンサートツアーに行ったヴィニフレート・ワーグナーは自動車王ヘンリー・フォードにヒトラーへの資金援助を頼みました。フォードは密かにナチスに活動資金を提供していたと言われ反ユダヤ主義者でした。当時アメリカでは反ユダヤ主義が広がっていました。ヨーロッパから流れ込む大量のユダヤ人に多くのアメリカ人が仕事を奪われたと感じていたからです。フォードが経営する新聞社は反ユダヤ主義を掲げ「世界の金融界を牛耳り共産主義を蔓延らせているのはユダヤ人だ」と訴えました。フォードの本はベストセラーとなり世界16か国語に翻訳されました。ヒトラーは新聞のインタビューで「私のインスピレーションの源はヘンリー・フォード氏だ。私たちが抱える社会問題の原因はユダヤ人にある。ユダヤ人の精神は拝金主義だが私たちドイツ人はそうではない」と語っています。そして獄中で生まれたのが「我が闘争」です。ヒトラーはこの中で2つの敵を定めました。ユダヤ人と共産主義です。

 

1929年10月、アメリカ・ウォール街で株価が大暴落し世界恐慌が始まりました。最も深刻なダメージを受けたのが敗戦から立ち上がりかけていたドイツでした。失業率は30%を超えていました。刑期を終えたヒトラーは恐慌をまたとないチャンスととらえ大規模な選挙活動を展開。議論ばかりで何も決められない民主主義に代わって強力な独裁政治ファシズムこそがドイツを救うと訴えました。ナチスは選挙で急速に勢力を伸ばしていきました。

 

この頃イタリアではファシスト政権が誕生。ファシスト党党首ベニート・ムッソリーニは統制経済と植民地獲得で世界恐慌脱出を目指しました。その一方、世界恐慌とは無縁だったのが共産党が支配するソビエト連邦。ソ連は計画経済に基づく重工業化と集団農業化を推し進め順調な経済成長を誇っていました。世界中で資本主義への幻滅が広がっていきました。ドイツでもモスクワの支援を受けた共産党がナチスと並んで急速に勢力を伸ばしていました。街ではナチスと共産党が連日のように暴動を起こし、お互いが激しい憎悪で衝突し流血事件が繰り返されました。

 

1933年1月30日、ヒトラー政権がついに誕生。他の保守政党との連立政権でした。政治家たちは内心ではヒトラーを成り上がり者と見下していましたが人気を利用して保守政権を維持しようともくろんでいました。政権発足から1か月後、国会議事堂が炎上。ヒトラーは共産主義者による陰謀と決めつけ議会で勢力を伸ばしていた共産党の党員を次々と逮捕・拘留しました。その後まもなくヒトラーは全権委任法の法案を国会に提出。内閣があらゆる法律を国会の採決なしに制定できる法案です。それはすなわち議会制民主主義の死を意味しました。ナチスの議席は過半数に達していなく、本来は通るはずのない法案でしたがヒトラーは暴力をちらつかせました。議会をナチスの親衛隊と突撃隊が取り囲み、野党には政治取引を持ち掛け言葉巧みにナチスの陣営に取り込みました。結局、社会民主党を除く全ての野党が賛成。ヒトラーは民主主義のルールを犯すことなく独裁政権を誕生させたのです。そして4か月後、ナチス以外の政党は禁止されました。全権を委任された内閣の決定は全て合法とされました。強い指導者の誕生を知識人も歓迎し、20世紀最大の哲学者とも言われるマルティン・ハイデガーはナチスに入党しました。

 

1933 独裁者がふりまいた夢と恐怖

アウトバーンは世界で初めて作られた本格的な高速道路ネットワークです。これはヒトラーが失業者対策を目的に建設したものです。政権発足後すぐにヒトラーは全長7000kmの建設を発表。工事はあえて重機の使用を抑えて一人でも多く労働者の雇用を確保しました。ヒトラーはドイツ国民に豊かさへの夢も与えました。首相就任直後、金持ちの象徴だった自動車を庶民でも持てるようにする国民車構想を掲げました。設計を任されたのはフェルディナント・ポルシェ。後にスポーツカーメーカーとしてその名を遺す天才エンジニアです。国営会社が設立されフォート社と肩を並べる世界最大級の自動車工場が建設され、その会社はフォルクスワーゲンと名付けられました。ヒトラーは国民生活の向上も掲げ週休2日、週40時間労働を全国の企業に求め、今でいうワークシェアリングを始めようとしました。大企業には社員食堂の設置を推進。様々な福利厚生施設も設けられました。統計によるとドイツの工業総生産は政権発足から5年で倍に。税収は3倍に伸びました。公共投資で景気回復をはかるという先進的な経済政策は大きな効果を上げドイツはいち早く恐慌から抜け出していきました。1934年に行われた国民投票ではヒトラーは89.9%の支持を得ました。

 

1935年9月、国民の支持を盤石なものとしたヒトラーはナチス党大会でユダヤ人の公民権をはく奪しドイツ人との結婚を禁止するニュルンベルク法を発表しました。ヒトラーは誇り高いドイツを堕落させているのはユダヤ人であると考えたのです。この法律によってユダヤ人の選挙権は奪われました。それ以前からユダヤ人は公職から追放されユダヤ人が経営する商店でのドイツ人の買い物は禁止されていました。最初は眉をひそめ疑問を感じていた市民も奇跡的な経済成長を前にその気持ちは薄れ、迫害に加わる者も現れました。そしてヒトラーは世界にも牙を向け始めました。

 

ヒトラーは第一次世界大戦で敗れたドイツに課された軍隊の制限を一方的に破棄し再軍備を始めました。再軍備宣言後、国防費は2倍以上に膨れ上がりました。再軍備の目的は第一次世界大戦で奪われた領土を取り戻し、東ヨーロッパに領土を拡大することでした。奇跡の復興を成し遂げたヒトラーに空の英雄チャールズ・リンドバーグは注目していました。リンドバーグは再軍備によって誕生したドイツ空軍を何度も視察。その工業力に目をみはりました。ヒトラーの再軍備には多くのアメリカ企業も協力していました。

 

1937 近づく世界大戦の足音

日本も軍国主義が社会を覆い1937年12月、中国との戦争に突入。世界は日本の侵略行為を非難していましたが、ドイツは日本を支持していました。この前年、ドイツはソ連を仮想敵国と定めた軍事協定を日本と結んでいました。ここにイタリアが加わり第二次世界大戦を共に戦う軍事同盟へと発展しました。日本とドイツの交流は文化面にも及びました。「新しき土」は日独合作の映画で、原節子の初主演映画でした。ヒトラーをはじめナチス幹部がドイツでの封切に出席しました。1938年、日本に続きドイツも領土拡大の一歩を踏み出しました。オーストリア併合です。ドイツと同じ民族がほとんどを占めるオーストリア国民は大ドイツ帝国の一部となることを熱狂的に歓迎。ヒトラーはさらなる領土拡大に突き進みました。チェコスロバキアに対しドイツ人が多く住むズデーテン地方の割譲を要求。ヨーロッパに緊張が走る中、ヒトラーとの交渉のためイギリス・フランス・イタリアの首脳がミュンヘンを訪れました。ヒトラーは領土の要求はこれを最後にすると約束し、各国首脳はヒトラーの要求をのむことに決めました。当時、首脳たちが恐れていたのはファシズムよりも共産主義の拡大でした。ヒトラーを共産主義の防波堤に利用できるとイギリスの首相チェンバレンは考えていたのです。ところが、この目論見はあっけなく崩れ去りました。ズデーテン地方を併合した半年後、ヒトラーはチェコスロバキア全土に進駐し、チェンバレンは激怒しました。さらに独ソ不可侵条約が締結されました。ヒトラーと共産主義、不倶戴天の敵同士が手を結んだのです。オーストリアから亡命したユダヤ人の経営学者ピーター・ドラッカーは4か月前に「いかに独ソ戦の可能性を論じようとも独ソ同盟の可能性のほうが悪夢として実現しつつある。あの二つの政権は理念的にも社会的にも似ているがゆえに手を結ぶのだ」と予言していました。条約の締結から9日後、第二次世界大戦が始まりました。

 

1939 世界を覆う悪夢

1939年9月、ドイツ軍はポーランドに侵攻。さらにデンマーク・ノルウェー・オランダ・ベルギー・フランスを一気呵成に占領。機動力をいかした電撃戦によって一年たらずでヨーロッパの主要地域を支配下におきました。フランス降伏を見届けたヒトラーはベルリンへ凱旋。ナポレオンに匹敵する程のヨーロッパ制覇にドイツ国民は独裁者を熱狂的に迎え、歴史的な勝利を祝う祭典は次の日も続きました。フランス人のファッションデザイナーであるココ・シャネルはドイツ軍諜報機関の高官の愛人となり、自らもドイツ軍の協力者となり諜報活動に携わりました。シャネルが生み出した香水は当時爆発的に売れていながら利益の大半はユダヤ人の共同経営者の手に渡っていました。シャネルは経営権を取り戻して欲しいとナチス・ドイツに協力するフランス人の役人に訴えました。その頃、ナチスによるユダヤ人迫害は新しい段階に入っていました。ヒトラーはドイツ国内だけでなく占領した地域に住むユダヤ人から富と生活も奪いました。増え続けるユダヤ人を効率的に管理し過酷な労働を強いる強制収容所はやがて大量虐殺が日常化しました。

 

1940 アメリカの思惑 リンドバーグの信念 戦火のピアニスト

第二次世界大戦が始まってからアメリカは中立を保っていました。国民の8割以上がドイツとの戦争に反対し、ナチス支持者も大きな勢力になっていました。フォード社の元社員が設立した新ナチ団体は反ユダヤ主義とアメリカの中立を訴えていました。ドイツ支持の先頭に立ったのはヒトラーを高く評価する空の英雄チャールズ・リンドバーグでした。時期大統領候補とまで言われたリンドバーグの発言はアメリカ世論に大きな影響を与えました。そしてアメリカ経済界にとってドイツは世界有数の投資先でした。アメリカとドイツが戦争になれば膨大な投資が回収できなくなります。しかもヨーロッパの戦局はドイツに有利で、多くの企業がドイツとの取引を続けていました。ドイツにあるフォード社の子会社はドイツ軍の軍用トラックの4分の1を製造。ヘンリー・フォードは75歳の誕生日にナチス・ドイツから勲章まで授与されています。そしてナチスのユダヤ人迫害に使われたのはアメリカ企業IBMが開発したパンチカードシステムでした。これが大量のユダヤ人の効率的な管理・移送を可能にしました。

 

1941年6月、戦争は新たな局面に入りました。ヒトラーは独ソ不可侵条約を破り300万のドイツ軍をソ連に侵攻させたのです。戦争の準備をしていなかったソ連軍は総崩れとなりました。スターリンは徹底抗戦を命じました。ヒトラーは本来の敵と狙い定めた共産主義についに牙を向いたのです。ヒトラーのソ連への攻撃は苛烈を極めレニングラードで悲劇が起こりました。街はドイツ軍によって900日間も封鎖されたのです。食糧と燃料が尽き激しい飢えと寒さが人々に襲いかかりました。犠牲者は100万人以上で、その8割が餓死者であったと言われています。

 

封鎖が始まったレニングラードで作曲家ドミートリ・ショスタコーヴィチは作曲を続けました。戦火の中で書き続けたファシズムとの戦いをテーマにした交響曲第7番は封鎖に耐える市民に捧げられ「レニングラード交響曲」と呼ばれるように。初演はラジオで全国に放送され、その後多くの音楽家によってソ連各地で演奏されました。しかしショスタコーヴィチはこの曲にもう一つの意味を密かに込めていました。それは自らの国ソ連の指導者に向けたものでした。戦場から逃げ出す兵士は味方から銃撃され、敵に投降すれば故郷の家族が逮捕されます。ソビエトもまた恐怖が支配する国家だったのです。「ファシズムは単にナチズムを意味するのではありません。この音楽は恐怖、屈辱、魂の束縛を語っているのです。交響曲第7番はナチズムだけでなく今のソビエトの体制を含むファシズムを描いたのです」

 

1941 断末魔のファシズム

1941年12月、日本軍がハワイの真珠湾を奇襲。アメリカ太平洋艦隊は戦艦4隻が撃沈される大打撃を受けました。アメリカの反戦ムードは一変し、若者はわれ先にと軍に志願。ドイツとの戦いに反対していた人々も日本との戦争には進んで協力しました。フォードは世界最大の生産ラインを持つ軍需工場を作り8600機の爆撃機を製造。さらにドイツ支持のリーダー的存在だったリンドバーグを爆撃機開発の顧問に迎えました。日米の戦いが始まるとドイツもただちにアメリカに宣戦布告。ヨーロッパとアジアでの戦いが結びつき世界全面戦争に突入したのです。アメリカ社会にあったナチス支持の気運は一気に消し飛び、女性たちも軍需工場で働くことを自ら志願しました。

 

日米開戦の頃、ソ連軍はドイツ軍に対し大反撃を開始。それまで戦いを有利に進めていたドイツ軍は厳しい冬の寒さに阻まれシベリアから到着したソ連の精鋭部隊に敗退を重ねていきました。1942年4月、ヒトラーの誕生日を祝う演奏会がベルリンで開かれましたが、ヒトラーは姿を現しませんでした。この頃、アウシュビッツ強制収容所では毒ガスによる大量虐殺が本格化していました。

 

アメリカは巨大な破壊力を持つ新兵器の開発に乗り出しました。テネシー州の原野に突如巨大な街が築かれ、最盛期には7万5000の人々が何を作っているのかも知らされず働きました。製造していたのは原子爆弾でした。マンハッタン計画と名付けられたプロジェクトにはナチスの迫害を逃れたユダヤ人科学者も加わっていました。一方、ヒトラーも新型兵器の開発に戦局を打開する望みを託しました。弾道ミサイルV2ロケットは成層圏にまで一気に上昇、数百キロ離れた敵に向かう革命的な兵器でした。ロンドンやパリに向けて発射されましたが命中精度が低く効果は限定的でした。太平洋の島々では日本の兵士たちが圧倒的な物量を誇るアメリカ軍に追い詰められていました。ファシズム陣営は瓦解しつつありました。1943年9月にイタリアが降伏。ムッソリーニは処刑され、その遺体はミラノの広場に吊るされました。

 

1944年6月、アメリカを中心とした連合軍はノルマンディーに上陸。15万を超える兵士が投入された史上最大の上陸作戦でした。この戦いに敗れたドイツは西からアメリカとイギリス、東からソ連の猛攻撃を受けることに。その翌月、ヒトラー暗殺未遂事件が起こりました。ナチス幹部が死傷する中、ヒトラーは難を逃れました。首謀者はドイツ軍の将校たちでした。容疑者だけでなく、その家族や親類まで600人以上が逮捕され処刑されました。

 

1944年8月、ついにドイツ軍が撤退しパリは解放されました。4年間に及ぶヒトラーの支配は終わったのです。しかし新たな憎しみが街を覆いました。ナチス協力者に対するリンチでした。それはドイツ兵と親しくしていた女性にもおよびました。ソ連でもナチス協力者が処刑されました。処刑された人の多くはスターリン体制に抵抗するためナチスに協力した人たちでした。

 

1945年4月、ベルリンに向けてソ連軍の総攻撃が始まりました。白旗を上げた市民はナチスに裏切者とみなされ白旗を上げなければソ連兵に殺されました。半月に及ぶ攻防戦で15万人以上が犠牲となりました。ヒトラーは総統官邸の地下壕にこもって指揮をとりました。陥落寸前のベルリンにヒトラーの愛人エヴァ・ブラウンがやってきました。4月28日、ヒトラーは総統官邸の地下壕でエヴァと結婚式を挙げ、2日後に2人は命を絶ちました。ヒトラーが死の直前秘書に残した言葉があります。「ナチズムは壊滅した もう終わりだ。その思想は私と共に消滅する。だが100年後には新たな思想が生まれるだろう。宗教のように新たなナチズムが誕生するだろう」

 

そして1945年9月2日、第二次世界大戦は終結しました。しかしヒトラーは戦後の世界に新たな戦争の種子を植え付けていました。アメリカは兵器だけでなく1000人を超えるドイツの科学者を連れ帰りました。アメリカが喉から手が出るほど欲しかったのはヒトラーが最後の望みをかけたV2ロケットの技術でした。この技術からアメリカは大陸間弾道ミサイルを開発。そしてV2ロケットの技術を狙ったのはソ連も同じでした。ソ連は6000人以上のドイツ人を雇い核をミサイルに搭載し敵を恐怖に陥れました。両国は同じことを考えていたのです。アメリカとソ連はヒトラーの遺産を利用しながら冷戦を繰り広げることになりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)