ガロのトミーこと日高富明の転落死の真相|爆報!THEフライデー

TBSテレビ「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」あの名曲の裏側…事件の真相SPで元ガロの日高富明さんが転落死したことの真相について放送されました。

 

1970年、バンド仲間だったトミーこと日高富明(ひだかとみあき)さんと堀内護(ほりうちまもる)さんに大野真澄さんを加え結成されたガロ。結成からしばらくは曲も売れず無名時代が続きました。ヒットを狙い事務所やレコード会社からすすめられたのは「学生街の喫茶店」でした。本当は自分たちが作った曲を歌いたかったガロ。中でもその思いが一番強かったのがトミーでした。しかし、トミーの意思は受け入れられませんでした。発売された「学生街の喫茶店」は70万枚以上を売り上げガロは一躍人気グループに。しかし日高富明さんは与えられた成功が許せなかったと言います。

 

次回作の曲を聴いたトミーはガロを脱退することを宣言。こうしてガロは「学生街の喫茶店」を残し解散。トミーは自分の理想を追い求めガロを飛び出したのです。解散後、それぞれの道を歩み始めた3人。堀内護さんはロングヘアーをバッサリ切りミュージシャンを引退。テニススクールを開校し月の売り上げは300万円。実業家として大成功を手に入れました。大野真澄さんはソロ活動と並行し、作詞活動を開始。しかし、トミーの第2の人生は苦難に満ちたものでした。

 

1980年にロックバンドを結成。しかし、日高富明さんの作る曲は全く売れませんでした。この頃から酒やタバコに溺れるようになりました。これはハスキーボイスを作るためだったそうです。しかし、いくら理想を追い求めてもトミーの音楽はヒットすることはありませんでした。埋まらない理想と現実のギャップ。そして死の直前、堀内さんのもとへ行き、「俺たちもう一度一緒に音楽やらないか?」と言ってきたそうです。しかし事業が順調だった堀内さんは断りました。無言で立ち去るトミー。これが2人の最後でした。

 

そして1986年9月19日、日高富明さんは自宅近くのマンションの5階から飛び降りました。遺書は残されていませんでしたが、警察はこの事件を自殺と断定。自分の理想を追い求め続けた36年でした。

 

堀内護さんは日高富明さんの意思を継ぐためテニススクールを廃業しライブハウスを中心に地道な歌手活動を再開。そしてガロ解散から37年、再び「学生街の喫茶店」を歌い出しました。今は亡きトミーへの想いを胸に堀内護さんは自らの成功を捨て一から歩き始めました。




コメント

  1. 事実と少し違うかな? ガロは学生街…の後もアルバム3・4枚出してるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)