丹波哲郎が残した8億円の借金は今…|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうザフライデー)」で丹波哲郎さんの残した借金について放送されました。

2006年に亡くなった俳優の丹波哲郎(たんばてつろう)さんの代表作といえば「Gメン’75」です。最高視聴率32.2%をたたき出し7年間も土曜夜9時の顔としてお茶の間を魅了しました。そして世界的映画「007」シリーズにも出演。出演料は破格の8000万円でした。そして西荻窪に敷地220坪の大豪邸を建設。値段は推定5億円。元祖国際スターとして不動の地位を築き上げました。しかし、晩年に突然俳優からの転身宣言。俳優から霊界の宣伝マンに。30代後半から興味を持っていた死後の研究に没頭。65冊もの本を出版し世間に霊界ブームを巻き起こしました。しかし、この霊界ブームがのちに家族を苦しめることになりました。

 

発端は1989年、自らが監督・脚本をつとめた映画「丹波哲郎の大霊界 死んだらどうなる」で莫大な借金を背負ってしまったのです。その額は推定8億円。しかし、丹波哲郎さんは借金のことを知らなかったと言います。実は丹波哲郎さんは俳優になる前はしがないサラリーマンでした。28歳で脱サラして俳優を目指していました。夫の夢を応援していた妻・貞子さんは丹波哲郎さんにお金の心配をさせたくないとデビュー当時から金銭管理をすべて行っていました。それは丹波哲郎さんが芸能界で成功した後も続いた結果、映画「大霊界」で事件に発展。丹波哲郎さんは自分の理想を追い求めCGなど当時の最新技術を駆使。そのためかかった制作費は推定15億円。この莫大な制作費を知らない丹波哲郎さんは翌年「大霊界2」を製作。この作品でもエキストラを1万人出演させるなど大規模な演出を行った結果、制作費は推定18億円に。そして丹波哲郎さんはこの2作品で8億円の借金を抱えることになりました。しかし妻の貞子さんは借金のことを丹波哲郎さんに隠していました。それは夫を俳優・丹波哲郎で死なせてあげるため。貞子さんは夫に借金のことを一切知らせることなく8億円をコツコツ返済していきました。

 

ところが1997年4月16日、丹波哲郎さんをこの世に残し貞子さんが死去。妻の死で丹波哲郎さんは莫大な借金のことを初めて知りました。そして貞子さんの死から9年後、2006年9月24日に丹波哲郎さんは亡くなりました。8億円の借金は自宅を売却して完済したそうで、遺産は1円も残っていなかったそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。