ヘルマン・マイヤー「伝説の不死身スキーヤー」|アンビリバボー

フジテレビの「奇跡体験!アンビリバボー」で不屈のスキーヤー、ヘルマン・マイヤー選手について放送されました。ヘルマン・マイヤーさんは1972年にオーストリアで生まれました。インストラクターをしていた父の教えで3歳でスキーを始めるとプロスキーヤーになることを決意。15歳で養成学校に入学しました。しかし、体格・体力ともに不足しており将来性なしと判断され1年で退学に。トップスキーヤーへの夢を断たれたヘルマン・マイヤーさんは失意の中レンガ積み職人の道へ。体力のないヘルマン・マイヤーさんにとって重さ50kgにもなるセメント袋の運搬はとんでもない重労働でした。冬になるとスキーのインストラクターの仕事もしました。

 

23歳の時、地元オーストリアでスキーのワールドカップが開催されヘルマン・マイヤーさんはフォアランナーをつとめることに。フォアランナーとはコースの安全を確かめるために競技開始前に滑るスキーヤーのことです。ヘルマン・マイヤーさんにとっては地元の滑り慣れたコース。ぐんぐんと加速しW杯に出場していれば12位に相当するタイムを記録。レンガ職人として荷物を運んでいたことで、いつの間にか屈強な男へと成長していたのです。こうして無名のレンガ職人は23歳でオーストリア代表選手に選ばれると翌年W杯スキー大回転で初優勝。落ちこぼれが瞬く間にオーストリアのヒーローになったのです。

 

25歳になったヘルマン・マイヤーさんは長野オリンピックに出場。最初のレースは滑降でした。トップスピードで最初のターンに入るとバランスを崩し転倒。地面に叩きつけられてしまいました。アルペン競技で最もスピードの出る滑降の平均時速は100km。ヘルマン・マイヤーさんは転倒の衝撃で左肩を脱臼。さらに両膝を打撲。とてつもないダメージをおってしまいました。しかし事故から3日後、ヘルマン・マイヤーさんは2つ目の競技スーパー大回転に出場しました。そして金メダルを獲得。また続く大回転でも金メダルを獲得し、初のオリンピックで2冠を達成。転倒のアクシデントから不死鳥のごとく蘇ったのです。

 

その後2000年、2001年のスキーワールドカップで総合優勝を果たし絶好調のヘルマン・マイヤーさんでしたが、オートバイ事故を起こしてしまいました。この事故で右足の骨を骨折。骨をボルトでつなぐ手術が行われましたが、自分の足で歩くのは難しいと言われてしまいました。選手生命は終わったと誰もが思いましたがヘルマン・マイヤーさんは諦めていませんでした。復活を信じて手術から7日後にはリハビリを開始。そして3週間後には杖を使って歩けるまでに回復。退院後は1日10時間もバイクをこぎ衰えた下半身を鍛え続けました。そして2003年1月27日、事故後初めてヘルマン・マイヤーさんがワールドカップに出場。復帰5戦目で見事優勝を果たしました。2006年のトリノオリンピックではスーパー大回転で銀メダル、大回転で銅メダルを獲得。2009年の引退までにワールドカップ史上歴代2位の54勝を上げる驚異の活躍を見せました。そして現在はドイツのバラエティ番組に出演し、車とスキーで競争したり南極に行ったりしているそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。