コルトン・ハリス=ムーア 全米を逃げ回った10代の大泥棒|世界まる見え!

日本テレビの「世界まる見え!テレビ特捜部」で全米を逃げ回った10代の大泥棒について放送されました。コルトン・ハリス=ムーアはアメリカ、カナダ、バハマをまたにかけ80件近くの盗みを次々と繰り返す世紀の大泥棒です。

 

2008年4月、当時17歳のコルトン・ハリス=ムーアは窃盗などの罪で実刑判決を受けワシントン州カマーノ島にある更正施設に収監されていました。ところがある夜、コルトンは施設から脱走。靴を履かず裸足のまま逃げるその姿から「裸足の泥棒」と呼ばれるように。近隣の家に停めてあった車を物色し逃走。もちろん無免許ですが、これまで幾度となく盗難車を乗り回してきたコルトンにとって車の運転など朝飯前でした。その道すがら巡回中のパトカーを見つけると後方から一気に追い抜き警官を挑発。巧みなドライビングテクニックを見せつけ警察をギリギリまで引き付け車を乗り捨てました。そしてコルトンは警察をあざ笑うかのように森の中で姿を消しました。森の中に潜伏したコルトンは機をうかがい盗みを繰り返していきました。その手口はずる賢く大胆なものでした。コルトンはまず店内を観察し警報機を解除してから物を盗んでいくのです。さらに盗んだクレジットカードを使いインターネットで商品を注文すると、受け取り先を勝手の分かるレストランに指定。商品が届いたのを確認して夜そこへ侵入し、注文した物を盗み出していました。またコルトンはパトカーからノートパソコンや拳銃を盗み出し、捜査状況をつかみました。時折コルトンは犯行現場にチョークでかいた裸足の足跡を残し、さらなる犯行をほのめかしていました。

 

そしてコルトンは盗んだボートでカマーノ島から60kmほど離れたオーカス島へ移動。この島には多くの小型飛行機が離着陸する空港があるのです。コルトンはこの小型飛行機を盗み高飛びするつもりだったのです。コルトンは小型飛行機の操縦マニュアルを盗み独学で学びました。そして数週間後、警備室から鍵を盗み出し小型飛行機の格納庫の侵入。コルトンは初めて操縦した飛行機を簡単に飛ばしてしまいました。ところがマシントラブルが発生し機体は急降下。地上すれすれのところで機体を立て直したコルトンは木々に激突しながらなんとか着陸。機体はボロボロになったものの一命はとりとめました。警察はこうした移動の痕跡をたよりにコルトンの足取りを追っていましたが、消息をつかむことは出来ませんでした。

 

逃走から1年後、コルトンは逃走中の自分の写真をフェイスブックにアップ。これがきっかけとなり、いつしかコルトンは悪のヒーローとしてもてはやされるように。さらにコルトンの顔を印刷したTシャツはバカ売れ。これに便乗してコルトングッズを売り出す店も続々と現れました。一方、警察はこうした世間の悪い風潮を打開すべくSWATに応援を要請。本格的な捜索に乗り出していました。さすがのコルトンもこれでは簡単に動けず、世間はコルトンは死んでしまったのではと噂するように。そして警察はついにコルトンの潜伏場所を突き止めました。それはワシントン州グラナイト・フォールズの森の中。しかし、警察がしのびよっていることに気づいたコルトンは小型飛行機でバハマ諸島に逃走。バハマの警察もコルトンの身柄確保に乗り出しました。それまで人前に出ることのなかったコルトンですが、地元の若者にボートレースを挑みました。コルトンは賞金がかけられていたので、若者はコルトンに銃を向けました。コルトンは急旋回してこれを回避し港へと引き返しました。ところが、この騒ぎを聞きつけた島の警備員に見つかってしまい多くの警官が集結。警官にボートで追われている最中、コルトンの乗ったボートは浅瀬に乗り上げてしまいました。するとコルトンは銃をこめかみにつきつけ、自殺するそぶりをみせ左手でボートを動かそうとしました。しかし気づかれついにコルトンは降伏。こうして2年3ヶ月にわたる逃走劇に終止符が打たれました。現在、コルトンはワシントン州の刑務所で懲役7年の刑に服し航空技師になる勉強をしているそうです。そして彼は自身の逃亡生活を描く権利を20世紀フォックスに1400万ドル(約14億円)で譲渡。そのお金を被害者への賠償金にあてているそうです。