千日回峰行を制した僧侶・塩沼亮潤さん|クレイジージャーニー

TBSテレビの「クレイジージャーニー」で歴史上最も過酷な荒行を制した僧侶・塩沼亮潤さんについて放送されました。人々は塩沼亮潤(しおぬまりょうじゅん)さんのことを大阿闍梨(だいあじゃり)と呼びます。それは日本に数人しかいない僧侶の模範となる人をさし、ある荒行を成し遂げた者にのみ与えられる称号です。それは千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)です。千日回峰行とは往復48km、標高差1300mの険しい山道を1日で歩き切り、それを年間120日、9年の歳月をかけて1000日間休むことなく続ける荒行です。その総距離は地球一周分をゆうに超えます。塩沼亮潤さんは23歳の時に千日回峰行に挑み、31歳の時に見事満行。1300年の歴史で2人目という快挙を果たしました。しかし、塩沼亮潤さんの修行はこれで終わりませんでした。千日回峰行の翌年、今度は四無行(しむぎょう)と呼ばれる9日間断食、断水、不眠、不臥の荒行に挑みました。四無行は途中で命を落とすことさえあると言いますが、塩沼亮潤さんは見事満行しました。

 

千日回峰行とは

約1300年前、奈良時代に作られた修行で、金峯山寺から標高差1300mもある頂上を歩いて目指し、そこから再び金峯山寺に戻る往復48km、16時間にも及ぶ過酷な行です。これを山開きされている5月3日~9月3日までの約120日間休むことなく毎日行います。9年の歳月をかけ計1000日間歩き続けるという日本一の荒行です。その過酷さゆえ選ばれた者だけが挑戦できる究極の修行で、その行程は常人の理解を超えます。

 

千日回峰行の1日の流れ

起床は23時25分。そこから滝に入り身を清め装束を整えて深夜0時半に出発します。真っ暗闇の山道を提灯の明かりだけで歩き始めるのです。険しい山道を一人で歩き続けること8時間、山頂にある大峯山寺に朝8時半に到着します。参拝をし一汁一菜の食事を食べます。そして滞在時間45分で下山を始めます。7時間山道を歩き午後3時半に金峯山寺に戻ります。到着後、師匠に挨拶をすませると休む間もなく装束の洗濯や寺の掃除、その日えた悟りの内容を日記に記し、夜7時頃床に就きます。そして4~5時間の睡眠をへて次の日の修行が幕を開けます。

 

四無行とは

9日間、食わず・飲まず・寝ず・横にならずを貫く人間の限界を超えた荒行です。塩沼亮潤さんは千日回峰行を終えた翌年の2000年9月28日、四無行に入行しました。四無行は9日間耐え忍ぶだけでは終わりません。1日3回、本尊の前で決められたお勤めを1時間行わなければならないのです。さらに毎朝午前2時に仏さまに供える水を井戸まで汲みにいかなければならないのです。当然、日数の経過と共に体力は落ちていき、3日間もすると死臭が漂っていたと言います。そして2000年10月5日、塩沼亮潤さんは四無行を満行しました。




コメント

  1. 神様以上だ〜〜❣️信じられないけども、ものすごいしか、言えない‼️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。