体中に爪が生える謎の病気と闘うシャイナ・アイゾム|ザ!世界仰天ニュース

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」不思議な症状スペシャルで体中に爪が生えた女子大生について放送されました。アメリカ・テネシー州メンフィスに住むシャイナ・アイゾムさんは世界で唯一の症状に苦しんでいます。

2009年、シャイナ・アイゾムさんは地元の大学で法律を学んでいました。そんなある日、喘息持ちの彼女は喘息発作を起こし病院でアレルギーの薬を処方をしてもらいました。しかし、その夜全身に痒みが。病院で新たに薬を処方してもらうと一時的に痒みは収まりましたが再び痒みが。数日後、体にポツポツとしたできものが出来てしまいました。いくつも病院へいきましたが原因は分かりませんでした。

しばらくすると足や腕や顔にかさぶたのようなものが大量に出来てしまいました。謎のできものはすぐにシャイナの体全体へ広がり、髪の毛は全て抜け落ちてしまいました。謎のできものは触れると痛みがあり眠ることができませんでした。ほどなくしてシャイナさんは入院し大学も退学しました。病気について何も分からないまま発症から2年が経ちました。

2011年8月、シャイナさんはアメリカ屈指の難病研究を行っているメリーランド州ボルチモアにあるジョン・ホプキンス病院に入院しました。そして、シャイナさんの皮膚に出来たものが爪であることが分かったのです。爪は体毛や皮膚と同じケラチンというたんぱく質で出来ています。シャイナさんに出来ていたデキモノはケラチンを構成するアミノ酸の配分量が体毛より爪に近かったのです。世界で唯一の症例でした。

検査の結果、シャイナさんの異常なビタミンA不足も判明。そのためビタミン薬やニキビ治療薬など数十種類の薬による投薬治療を受けることに。それから1年半が経過、現在は腕はかなり回復したものの肩や背中にはまだ白い棒状のものが残っています。

彼女に処方されている29種類の薬のうち保険が適用されるのは数種類。そのために、これまで未払いの治療費が約50万ドル(約4500万円)残っているといいます。そこで友人達と基金を立ち上げました。治療費を集め、今後同じ病気にかかった人たちも支援していくためです。そしてシャイナさんは勇気を振り絞ってテレビに出演。アメリカ全土に彼女の病気が知られ寄付金が集まり始めました。シャイナさんは皮膚移植を受ける予定だそうです。


  1. 借金あるのにネイルはガッツやってた 。そんな 余裕あるなら借金にまわしたらいいのに、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)