伝説の沸騰する川|アンビリバボー

フジテレビの「奇跡体験!アンビリバボー」で伝説の沸騰する川について放送されました。その川があるのはペルーのアマゾンの奥地。昔から伝説としてアマゾンの人々の間で語り継がれてきました。伝説の発祥はスペインの植民地だった時代にさかのぼります。アマゾンの奥地に眠っているとされる黄金を目当てにジャングルの中へ向かったスペイン軍。しかし数か月後、命からがら帰ってきた軍人たちは生き地獄のような体験をしてきたと語りました。彼らが目にしたものこそ沸騰した川だったのです。

「我々も本当に存在するとは思っていませんでした。しかし、今から5年前ついにアメリカの博士が発見したんです」(現地ガイド トニーさん)

発見したのはアメリカ・南メソジスト大学のアンドレス・ルゾー博士。ルゾー博士は子どもの頃に祖父から沸騰する川の伝説を聞き、2010年に探索を開始。そして約2年をかけて伝説とされていた川をついに発見したのです。

「あの辺りはシャーマンの縄張りなんだ。だから川へ行くにはシャーマンの許可を得なければならない」(現地ガイド トニーさん)

シャーマンとはペルーで精霊などの超自然的存在と交流・交信することができる祈祷師のことです。

 

川の名前はシャナイ川。川の温度は高いところで97.1℃もあります。日本でも河原から熱湯の温泉が湧いたりすることがありますが、日本の温泉との大きな違いは水量です。全長6kmの川のうち3kmにも及ぶ範囲が高温なのです。局所的な温泉とはスケールが違います。シャナイ川は地熱で熱せられた地下水が川底につながったいくつもの穴から広範囲にわたってふき出ていると考えられています。現地ではその源泉を「La Bomba(ラボンバ)」と呼んでいます。沸騰しているように見えるのは川底から硫黄などのガスが噴き出したもので、実際に沸騰しているわけではありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)