プリティ長嶋は今… 死亡説の真相は?|爆報!THEフライデー

モノマネタレント・プリティ長嶋(ぷりてぃながしま)さんは、80年代「笑っていいとも!」「オレたちひょうきん族」に出演し大ブレイク。以降、ジャイアンツ優勝など長嶋茂雄さんが活躍するたびにプリティ長嶋さんも大活躍しました。

 

当時その勢いで千葉県市川市に一軒家(4800万円)を購入。22坪の狭小長嶋茂雄御殿としてテレビで話題に。ここで妻・由里子さんと2人の息子の4人で暮らしていました。

 

そんなプリティ長嶋さんは2007年に市川市議会議員選挙に出馬。史上最多得票でトップ当選しました。しかし、当選後テレビから姿を消しました。

 

死亡説の真相

あれから9年、なんとプリティ長嶋さんに死亡説が流れているのです。しかし、現在61歳になったプリティ長嶋さんは元気に生きています。

 

実は緊急時の対策としてテレビ出演を禁止されていました。4年間の在職中、表舞台から離れた結果、死亡説が流れてしまったのです。

 

そんなプリティ長嶋さんは現在、市議会議員を引退し千葉県議会議員になっています。実はプリティ長嶋さんが政治家になったきっかけは長嶋監督からかけられたある言葉でした。

 

俺がユニフォーム脱いだらプリティ食っていけんのかな?

 

この言葉にプリティ長嶋さんはグッときてしまったと言います。

 

そして2004年、長嶋監督が脳梗塞で倒れたことをきっかけに、自らの人生を見つめ直し政治家を目指すように。54歳で拓殖大学大学院に入学。政治を猛勉強し2011年の千葉県議会選挙で当選。現在は緊急救命装置AEDの普及活動などに奔走しています。

 

政治家になって以降、監督業を退いた長嶋監督との共演はかなわなくなりましたが、3年前再会のチャンスがあったと言います。それは長嶋監督が千葉県民栄誉賞受賞のため千葉県庁を訪れた時のこと。そして長嶋監督は常にプリティ長嶋さんの動向を気にかけてくれていたことが分かったそうです。

 

「爆報!THEフライデー」
あの人は今…大追跡SP

コメント