5300年前のミイラ「アイスマン」の呪い!?関係者が次々と不審死|世界まる見え!

1991年、アルプス山脈でヘルムートとエリカ夫妻が雪山ハイキングを楽しんでいると、ヘルムートが山肌に突っ伏したミイラを発見しました。

ミイラは皮膚が残った状態で凍っていました。私は気味が悪いのでそっとしておこうと言ったんだけど、夫は珍しいからと写真を撮り始めたんです。(エリカ)

その後の調査でミイラは約5300年前に死んだ男性で、全身が凍っていたことから「アイスマン」と名付けられました。さらに、詳しく調べると背中に矢で射抜かれた痕がありました。

それから13年経ったある日、ヘルムートが雪山で遭難し死亡。その死に様はアイスマンとまるで同じ。発見された遺体は山肌に突っ伏した状態で凍り付いていました。

この衝撃的なニュースはたちまち世界中を駆け巡りました。

死に方があまりに似ていたので呪いじゃないかっていう人もいました。(ジャーナリスト マルコ)

我々はアイスマンに関わった人たちの消息を調べてみたんです。(ジャーナリスト マティアス)

すると恐るべき事実が判明しました。

雪山からアイスマンを移動させた法医学者のライナー・ヘンは、翌年アイスマンについての講義に向かう途中で事故死

実は彼はアイスマン回収の際、その体を手荒に扱っていたのです。(ジャーナリスト マルコ)

ライナー博士はアイスマンを取り出す際、アイスマンの上に乗ったりピッケルで叩いたり、乱暴に持ち上げるなどしていました。そして、他にも不可解な事件が…

アイスマンを回収する際、山岳ガイドをつとめたカット・フリッツは雪山でアイスマンの頭をつかんで記念写真を撮っていました。すると、アイスマン発見の2年後、雪山でガイドの仕事中に猛吹雪が起こり雪崩に巻き込まれて死亡しました。

雪山とはいえ、この時は夏でした。それが吹雪だなんて。また、一緒にいた山岳パーティーの人は全員無事だったのに彼一人だけ亡くなったんです。(ジャーナリスト マティアス)

果たして、アイスマンの呪いなのでしょうか?

このことに対して否定的な考えを持っていたのがコンラッド・スピンドラー教授。アイスマンの本を書きベストセラー作家になりました。2004年の記者会見で呪いについて聞かれたコンラッド教授は…

呪いで死ぬなんてナンセンスだよ。(コンラッド・スピンドラー教授)

その直後、筋肉が機能しなくなる珍しい病気にかかり6か月後に死亡しました。

さらに、アイスマンのそばに落ちていた持ち物から血痕を見つけ調べていた分子学者トム・ロイが、血液の病にかかり死亡。また、アイスマン発見時に道案内をつとめたエロイス・パーピマーも脳の病で死亡しました。

分かっているだけでアイスマンに関わり不審な死を遂げた人物は8人

こうなるともうアイスマンの呪いとしか説明のしようがありません。(ジャーナリスト マディアス)

その真相は未だ闇に包まれています。

「世界まる見え!テレビ特捜部」

スポンサーリンク
世の中都市伝説/オカルト
中小企業様・個人事業主様向けのホームページ制作
集客に繋がるデザイン重視のHP制作を行っています。パソコン・タブレット・スマホ全てに対応したレスポンシブデザインを採用。リラクゼーションサロンやネイルサロン、保育園、カフェ、習い事のお教室など、女性向けのデザイン重視のホームページ制作ならぜひお任せください。
テレビのまとめ

この記事のコメント