遠野物語 ~妖怪と神さまの不思議な世界~|歴史秘話ヒストリア

NHK総合テレビの「歴史秘話ヒストリア」で妖怪と神さまの不思議な世界~遠野物語をめぐる心の旅~が放送されました。今から約100年前、遠野に出現する妖怪たちを描いた「遠野物語」が世に出ました。遠野物語に登場するのは妖怪ばかりではありません。主人公は村人たちです。神様や妖怪に驚き恐れる人々はみんな当時実在した人物です。遠野物語は妖怪と出くわした人々が語った自らの体験談なのです。

 

遠野物語の世界を旅する

岩手県の中心に位置する遠野は千メートル級の山々に囲まれた自然豊かな土地です。遠野には本当に妖怪を見たという人が数多くいます。遠野物語はそうした不思議な目撃談を119編の話にまとめたもの。一つ一つの物語に妖怪や神様が人々の暮らしと深く結びついている様子が描かれています。

 

遠野物語 第十八話 ザシキワラシ
遠野に山口孫左衛門という男が住む立派なお屋敷がありました。家族と使用人で20人以上。たいそう裕福な家でしたが、それは家を栄えさせる座敷わらしが住んでいるからだと言われていました。ある時、その家の使用人が小屋でたくさんの蛇を見つけ、面白半分に殺してしまいました。その直後、同じ村の男が見たこともない2人の女の子に出会いました。女の子は「山口の孫左衛門のところから来た」と言いました。男が見たのは孫左衛門の家を出る座敷わらしの姿だったのです。その後、孫左衛門の一家は滅亡しました。

 

一方、遠野物語には妖怪や神様が幸せをもたらす話もあります。その一つが遠野の土淵村に住む阿部家の物語です。安部さんの家では代々オクナイサマという神様を祀ってきました。一家にご利益をもたらす家の守り神です。

 

遠野物語 第十五話 オクナイサマ
阿部家が一家総出で田植えをしていた時のこと。その日は人手が足りず猫の手も借りたい程の忙しさでした。すると、どこからか小さな男の子がやってきて「おらも手伝う」といいました。ありがたい申し出に早速手伝ってもらうことに。一日よく働いてくれて夕方には田植えも無事に終了。お礼に晩御飯でもご馳走しようとしたところ、なぜか男の子の姿が見えません。首を傾げながら家に帰ると、小さな泥の足跡が縁側から部屋の中へと続いていました。その足跡は部屋の奥に奉っていたオクナイサマの神棚まで続いていました。人手不足を見かねてオクナイサマが田植えを手伝ってくれたのです。

 

安部さんの家ではこの話を大切に語り継ぎ、今も毎朝の祈りを欠かしません。オシラサマは娘と馬の姿をかたどった一対の像からなる不思議な神様です。

 

遠野物語 第六十九話 オシラサマ
ある農家に馬を愛する美しい娘がいました。娘は馬を愛しく思うあまり、ついに夫婦となってしまいます。ところが、怒った父親が馬を殺してしまいました。馬の死を深く嘆く娘は、やがて馬とともに天に昇っていってしまいました。娘の魂を慰めるために娘と馬をかたどった小さな像が作られました。それが後に人々の幸せを守る神様オシラサマになったのです。

 

毎年、正月になると遠野の人々はオシラサマを祀る家に集まり娘と馬の魂を偲びながら一年の健康と無事を祈ります。

 

遠野物語が出版された明治43年(1910年)日本は富国強兵をかかげ近代化を推し進めていました。政府は妖怪伝説や庶民信仰が近代化の障害になる迷信であり邪な教え邪教であるとして厳しく禁止しました。さらに学者は火の玉が天然ガスによる自然現象であると説明するなど、妖怪が科学的に解明できる幻想だと説きました。日本中から妖怪たちが次々に姿を消していく中、世に出たのが「遠野物語」です。妖怪や神様を身近に感じながら生き生きと暮らす遠野の人々の姿は世間に大きな反響をもたらしました。合理性の追求する近代化の中で、ふと立ち止まり日本人が大切に受け継いできたものに目を向けようと遠野物語は語りかけているのです。遠野物語の作者である柳田国男は後に民俗学という新しい学問を打ち立てた人物です。しかし遠野物語を執筆した当時、柳田国男は東京で役所勤めをしていました。一体なぜ遠野に縁もゆかりもない柳田国男が遠野物語を書いたのでしょうか?

 

遠野物語の作者 柳田国男の愛と悲しみ

明治8年(1875年)に柳田国男は兵庫県福崎町で生まれました。幼い頃から本が大好きだった柳田国男は成績も優秀で真面目な優等生だったと言われています。19歳の時、東京の第一高等中学校(現在の東京大学教養学部)に進学。ところが勉強一筋だった柳田国男の人生を大きく揺さぶる出来事が起こりました。7つ年下の少女いね子に恋をしたのです。いね子は柳田国男の知り合いが開く裁縫教室に通ってくる美しい女性でした。しかし、その恋は柳田国男の片思い。柳田国男は3年もの長い間、少女に恋心を抱き続けました。その苦しい胸のうちを「恋が実らなかった男 死んでウグイスとなり 愛する少女のいる窓辺に行って鳴いた 少女が見つけても 逃げようともせず捕らえられ 籠の中で飼われることになった」と書き記しています。しかし、そんな柳田国男の人生が突然暗転します。22歳の時、母と父が相次いで急死したのです。そして思いを寄せ続けたいね子が結核におかされてしまったのです。当時は特効薬もなく安静にして回復を待つしかありませんでした。いね子は遠く離れた親戚の家で療養することに。そして程なくして、いね子の死を人づてに知らされました。やがて柳田国男は亡くなった人の魂の行方について真剣に悩むように。決して答えの出ない疑問を抱えたまま、柳田国男はその後の人生を歩みました。26歳で農商務省に入省し役人として働きだしました。それから8年後の明治41年(1908年)遠野出身の学生・佐々木喜善と知り合いました。佐々木は遠野の人々が目撃したという妖怪や神様についての様々な物語を語りました。それは柳田国男が長年抱き続けてきた疑問に一筋の光を当てるものでした。

 

遠野物語 第五十一話 オット鳥
昔、長者の娘が恋人と一緒に山に行ったところ、急に恋人の姿が見えなくなってしまいました。夜まで探しても恋人は見つかりませんでした。必死に探し求めるうちに娘は鳥になってしまいました。鳥の名はオット鳥(コノハズク)鳴き声が「オットー」と夫を呼び求めるように聞こえるのだそうです。娘の魂は鳥になって永遠に愛する男を探し続けているのです。

 

かつて魂がウグイスとなって愛する人の側にいると書いた柳田国男の話と不思議なほど重なる物語です。さらに佐々木は死んだ者の魂がどこに行くのか具体的な物語も話しました。

 

遠野物語 第九十七話 魂の行方
ある時、菊池松之丞という男が重い病を患いました。ふと気がつくと体が空中に飛び上がり、やがて先祖代々の墓がある菩提寺にやってきました。そこで出会ったのは以前亡くなった息子。遠い世界へ行ってしまったと思っていた息子の魂は意外にもすぐ近くの菩提寺にいたのです。息子から帰れと言われ引きかえした所、ようやく目を覚ましました。死者の魂は遠くへ行ってしまうのではなく、ごく身近な場所にいると分かったのです。

 

柳田国男は、その後何度も佐々木から話を聞き続けました。そして2年後、119の物語を一冊の本にまとめました。遠野物語は愛する人の魂を探し続けた柳田国男の悲しみから生まれた作品でもあったのです。

 

遠野物語と津波 愛する家族との別れ

明治29年6月15日、夜8時過ぎ、東北の三陸海岸一帯に巨大な津波が押し寄せました。津波はすさまじい轟音と共に三陸沿岸の村々を襲いました。明治三陸大津波です。数分間隔で押し寄せた津波によって約8000戸が流失。2万2000人もの死者を出す大惨事となりました。

 

遠野物語 第九十九話 大海嘯(おおつなみ)
主人公は遠野から山田町田の浜に婿入りした福二(福治)。子供にも恵まれ愛する妻と幸せな日々を送っていました。しかし、津波によって妻と子供が流されてしまったのです。一年経っても福二は妻を失った悲しみを受け入れられないでいました。そんなある月夜の晩、浜辺で一組の男女を見かけた福二。女は亡くなったはずの妻でした。しかも、妻は別の男と一緒でした。男は福二と結婚する前に妻が好きだったと聞かされていた相手でした。福二はショックを受けました。そのまま立ち去る二人。津波で妻を亡くした上に、再会した妻の幽霊は別の男と一緒になっていたのです。

 

それから120年近くたった現在の山田町田の浜に福二の子孫がいます。長根勝さんは福二から数えて4代目の玄孫です。勝さんは今回の東日本大震災で自宅を流され同時に母親を亡くし、偶然にも先祖と似たような境遇におかれました。なかなか母の死を受け入れられなかった勝さんですが、震災から一年後、台所に立つ母親の夢を見たと言います。それは震災前のいつもの家での風景。この夢は勝さんの救いとなりました。母親の夢を見てその死を受け入れた勝さんは、その体験が先祖の物語と重なりました。福二もまた妻の幽霊を見ることで、その死を受け入れることが出来たのではないかと考えたのです。さらに妻が昔の男と一緒にいることを望んだのも、実は福二自身ではないかと思うようになりました。

 

遠野物語には載っていない物語が遠野にはまだ数多くあります。人々は何世代にもわたってそれらの物語を語り継いできました。長根勝さんも娘に長根家のことを積極的に伝えようとしています。愛する家族の思い出や愛着のある地域の歴史。人は誰でも心の中にそれぞれの物語を持っています。それを伝えていくことの大切さを遠野物語は語り続けているのです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。