モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」|ららら♪クラシック

NHK・Eテレの「ららら♪クラシック」でモーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」について放送されました。モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は知名度の高さとは裏腹に研究者にとってはミステリアスな曲です。何のために書かれたのか分かっていないのです。

 

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」とは「ひとつの小さな夜の音楽」という意味。ナハトムジークは多くの場合、親しい相手から贈られる音楽のプレゼントでした。夜、貴族や高貴な人々の館の前で贈り物として野外演奏される軽い曲。しかし、「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」がモーツァルトが誰のために作ったのか分かっていないのです。

 

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を作曲したのは1787年。大作「ドン・ジョバンニ」の作曲で忙しい最中に書いたものです。一体誰のために書いたのでしょうか?そのヒントが隠されているのがモーツァルトの自作目録。そこには1787年8月10日に「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を作曲したと本人の筆跡で記されています。ナハトムジークは親しい友人や家族のお祝いの音楽でもありました。そのお祝いは多くの場合「聖名祝日」でした。ヨーロッパでは多くの人がキリスト教の聖人にちなんだ洗礼名をつけます。その聖人の祝日は誕生日以上に盛大に祝う習慣がありました。8月10日の少し後くらいに聖人祝日をむかえた人が「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」と関係があるのではないかと推測できます。

 

7年前、それが誰なのかを推測した興味深い論文が発表されました。ミュンヘンの音楽学者ザイフェルトによるものです。モーツァルトと付き合いのあった人の中から8月10日付近に聖名祝日をむかえる人を洗い出して検証。すると、浮上したのがニコラウス・フォン・ジャカンという人物でした。彼の聖名祝日は8月11日とされています。ニコラウス・フォン・ジャカンはウィーンに住む貴族で学者でもありました。家族ぐるみで付き合いのあったモーツァルトが作曲をうけおい「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」がジャカン家の庭で初演されたという説が浮かび上がったのです。

 

ジャカンには2人の息子がいました。長男ヨーゼフ・フランツは父と同じ植物学者で、次男ゴットフリートでアマチュアの歌手で作曲もてがけました。ジャカン家に度々遊びに来ていたモーツァルト、中でもゴットフリートとは無二の親友でした。二人が一緒に作曲したと言われている曲も少なくありません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。