ママカーストの実態|とくダネ!

フジテレビの「とくダネ!」真相チェイス!直撃御免でママカーストの実態について放送されました。巷で多発するママ友同士のトラブル。その背景にあるものとして問題視されているのがママカーストです。インド古来の身分制度カースト制のように、ママ達の間にも上下の序列が存在すると言います。その序列はいったい、何を基準に決められているのでしょうか?

 

夫の収入で決まるママカースト

ママカーストに直面している高橋さん(仮名)は子供が通う幼稚園にママカーストがあると言います。その序列の基準は夫の収入。トップに君臨するのは良い車に乗っていてブランド物をみにまとい小奇麗にしているセレブ。夫は医師や弁護士だというセレブに対し、ママ友の輪に入れない変わり者は最下層だと言います。さらに真ん中のゾーンも「セレブもどき」と「中流・一般」に分けられるそう。セレブもどきも中流・一般も夫は会社員だと言いますが、セレブもどきはセレブの真似をしたい取り巻き。2つのゾーンを分けるのはランチに行くか。そのランチは5000円以上もするお店に行くのだと言います。序列の下にいるママたちはネタにされているそうです。

 

高級マンションか賃貸か

一方、公立小学校に通う子供を持つ鈴木さん(仮名)はまた違ったママカーストの中にいます。その序列の基準は住んでいる場所。上から高級マンション・国家公務員住宅、その他マンション・一戸建て、賃貸。トップの高級マンションに住むママの中には「あまりこの公園はね~周り賃貸多いでしょ~」みないなことを言う人もいるそうです。さらに真ん中のゾーンにいる鈴木さんにも悲劇が。それは今年4月、PTAの役員を決める会で鈴木さんは立候補し委員長になりました。しかし、このとき鈴木さんはPTAにもママカーストが影響していることを知りませんでした。それは高級マンションのママたちがPTAの本部をしきっていること。PTAの会長や委員長など、重要なポストはこれまで高級マンションのママが独占していました。しかし鈴木さんは暗黙のルールを知らず知らずのうちにおかしてしまったのです。結果、PTAの打ち合わせは高級マンション内のパーティールームなどで行われることが多く、委員長であるはずの鈴木さんは呼ばれもせず会議終了の報告メールが来るだけという状況に。

 

いじめに発展 子供も孤立

ママカーストに苦しむのはママばかりではありません。関西に住む前園さん(仮名)は数年前、長女と次女が通う幼稚園でママカーストの残酷さを思い知ったと言います。序列の基準は付き合いのあるママ友の多さ。1軍、2軍は子供を幼稚園に送り迎えするママたち。3軍は幼稚園にほとんど顔を出すことがないバス通園組。そして4軍は一人もママ友がいない一人ぼっち組です。このうち前園さんは2軍としてママ友とうまくやれていたはずでした。しかし、突如周囲の態度が一変。そのきっかけは長女の私立小学校受験でした。妬みからママ友たちに無視されるなど日に日に孤立していき、4軍ひとりぼっち状態に。すると、その影響は長女が卒園した後、まだ幼稚園に残る次女にまで及びました。子供までも孤立する恐れもあるママカーストですが、なぜママ達は序列を付け合い苦しむのでしょうか?

 

格付けはなぜなくならない?

関東在住の田中さん(仮名)もまたママカーストに苦しんでいました。その序列の基準は子育てにかける時間の長さでした。最上位は最も長く子供といられる専業主婦。次にパート、フルタイムと続きます。一番下のフルタイムで働く田中さんは、子供が買い物でお弁当などを買っていると「お母さんが働いているからかわいそうに」と言われることがあるそう。次第に肩身が狭くなっていった彼女が心のよりどころにしているのが、もう一つのカーストです。その序列の基準は棟によって異なるマンションの値段。トップのA棟の部屋(100㎡超)は約4500万円。続いてA棟(~90㎡)約4000万円、最下層のB棟は約3000万円。子育てカーストでは最底辺の田中さんですが、部屋はA棟(~90㎡)の4000万円。つまりマンション価格カーストでは一段上がるのです。そして田中さんはB棟の人たちに対し「問題が起こるとだいたいB棟だよね」「ルールができていないのはB棟だよね」と言っているそうです。普段、子育てカーストで苦しんでいるはずなのにマンション価格カーストでは人を悪く言っているのです。人と比べることで「私は大丈夫」と安心するママカーストは母親たちの不安をうつし出しているのかもしれません。

 

ママ同士の序列を決めるものランキング(とくダネ!調べ)

1位:夫の収入 48.5%
2位:夫の職業 37.3%
3位:子供の学力や運動能力 28.3%
4位:身に着けている服やバッグ 26.2%
5位:子供にかけるお金 24.9%