世界一美しいミイラ「ロザリア・ロンバルド」|世界まる見え×不可思議探偵団

日本レレビの「世界まる見え×不可思議探偵団2時間合体スペシャル」で世界一美しいミイラについて放送されていました。

 

イタリアのパレルモにあるカプチン修道会の地下墓地には8000体ものミイラが置いてあります。保存されているミイラは16世紀から19世紀のもので、修道士や信者たちです。ミイラにすることで、残された遺族はいつでも死者と会うことができる、肉体が存在すれば魂は再び戻るという願いが込められているそうです。しかし、19世紀末に法律がかわり現在はミイラでの埋葬は禁止されています。

 

世界一美しいミイラというのはロザリア・ロンバルド。髪の毛やまつ毛までしっかりと残ったミイラで、眠っているようです。ロザリア・ロンバルトは1920年に肺炎のためわずか2歳で死去。90年経った今も美しいまま保存されています。ロザリアがこんなにも美しく保存されているのは、カプチン修道会ではなくアルフレッド・サラフィアという当時イタリア随一の腕を持つ遺体保存技師がミイラの処置を施したからです。サラフィアはその技術を秘密にしたままこの世を去ったため、ロザリアの美しさの秘密は長い間謎でした。

 

しかし最近、ミイラ研究専門家のダリオ・ピオンビーノ博士がその秘密を解明しました。サラフィアには秘密のノートがあり、そこにはどんな薬品を使いどんな処置を施したのかが記録されていました。ダリオ博士は教授の遺族の許可をもらいノートを調べ真相が分かったのです。

 

その方法はアルコールやグリセリンなどの薬品を体内に注射するものでした。一番注目すべき点はホルマリンを注射していたことです。今でこそ標本を作る時などに使うホルマリンですが、当時はまだホルマリンが発明されたばかりでした。そのホルマリンを人体に直接注射したのはサラフィア以外ほとんどいなかったそうです。そしてサラフィアは遺体保存の仕上げにロザリアの頬にパラフィンを注入しました。パラフィンはろうそくの原料でもあるのですが、これを注入することで顔をふっくらと保つことができるのだそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。