呪いの映画「プロフェシー」モスマンの呪い|不可思議探偵団

日本テレビの「不可思議探偵団」大ヒット映画に潜む呪いを徹底解明SPで映画プロフェシーのモスマンの呪いについて放送されました。2002年に公開されたハリウッド映画「プロフェシー」は実際に起きたという怪奇現象を題材にしたミステリーサスペンスです。これまでプロフェシーの撮影に関わった8人が死亡していると言います。

 

2000年、音楽監督をつとめたジーン・アンドラスコが38歳の若さで急死しました。2002年、プロデューサーのテッド・タネンバウム、音楽関係者ジュリア・ハリソンが死亡。2003年、美術効果を担当したジェシカ・カプランが飛行機事故で死亡。さらに、俳優のアラン・ベイツが病死。2004年、女優のベティー・ジェーン・マリガンが死亡。また、俳優のジェニファー・バレット・パリントンが突然死。2006年、プロデューサーのリサ・マッキントッシュが骨髄がんで死亡しました。

 

アメリカでは「モスマンの呪い」と言われています。映画「プロフェシー」でリチャード・ギアが演じる新聞記者が追っているのはモスマンと呼ばれる未確認生物です。モスマンとは1960年代ウェスト・バージニア州で実際に相次いで目撃された未確認生物。体長は2m程で全身は灰色の体毛に覆われ、ギラギラとした赤い目、背中の大きな翼が特徴です。その恐るべき姿はまさに蛾人間。目撃者によるとモスマンは時速160キロ以上で飛行。アメリカの未確認生物研究家ローレン・コールマンによるとモスマンは人の死を予言できると言います。その姿を見たものには近いうちに死が訪れるそうです。実際に1970年にモスマンを目撃した女性はまもなく亡くなっていると言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。