丘みつ子は今… 陶芸家に転身|爆報!THEフライデー

1980年、西田敏行さん演じる池中玄太と3人の娘たちの親子愛を描いた人気ホームドラマ「池中玄太80キロ」で池中玄太の妻を演じ「日本のお母さん」と呼ばれた丘みつ子(おかみつこ)さん。

 

丘みつ子さんは1967年、19歳でモデルとして芸能界入り。1868年に日活にスカウトされ「オランダおいね」で女優デビュー。以降、美人女優と呼ばれた20代を経て30歳を超えた頃からお母さん役が定着しました。

 

丘みつ子は今…

64歳になった丘みつ子さんは今、山にこもり陶芸の作陶をしています。箱根の山に所有する広大な土地には住居に加えアトリエ、焼き場、ギャラリーが併設されています。30年前に陶芸を始め自己流ながらみるみる上達。得意とするのは信楽焼です。

 

陶芸家に転身したのは拒食症になったからだと言います。丘みつ子さんは女優漬けの毎日がストレスとなり、スレンダーなスタイルは拒食症によりキープされていました。

 

30歳の時にこれじゃあいけないと思い、そんな丘みつ子さんを救ったのは陶芸だったのです。

 

「爆報!THEフライデー」

コメント