ルビー・モレノは今…隠し子&借金騒動&ドタキャン女優|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー」でルビー・モレノさんの現在について放送されました。

 

1993年、数々の映画賞を総なめにし一躍時の人となったルビー・モレノさん。当時、ルビー・モレノさんはフィリピンの旅行会社に勤務し、たまたま日本に遊びにきていたところをスカウトされたことになっていました。ところが、フィリピンに2人の隠し子がいてバツ2であることが発覚。世間は騙されたと大騒ぎになりました。ルビー・モレノさんは隠すつもりはなく、言う機会がなかっただけと釈明。しかし、事務所には抗議の電話が殺到しました。

 

さらにルビー・モレノさんの借金問題も発覚。その額は1000万円と報じられました。当時のルビー・モレノさんの金遣いはとても荒く、洋服屋では値札を見ずに購入。港区内での引越しを年に何回も繰り返しました。また帰る予定のないフィリピンに思いつきで家まで建ててしまいました。常識外れの金銭感覚で多額の借金を背負ったのです。そのため連日ルビー・モレノさんの事務所に借金取りが押しかける大騒動に発展。借金を返すため自らヌードになることを提案。ヘアヌード写真集で数千万円を稼ぎだしました。

 

そしてルビー・モレノさんは再びドラマに出たいと言い出しました。社長はドラマの監督に直談判し、ルビー・モレノさんが出演できるように台本を書き換えてもらいました。しかし、ルビー・モレノさんは衣装合わせの日に勝手にフィリピンに帰国。もちろん監督は激怒。ルビー・モレノさんは役を降板させられ「ドタキャン女優」という噂はすぐに広まってしまいました。そしてフィリピンから戻ることがないまま芸能界から干されてしまいました。

 

47歳になったルビー・モレノさんは東京の下町で暮らしています。1998年に芸能界に復帰すべく日本に戻ってきたものの、全く仕事がないまま今は下町で細々と暮らしているのです。今でも女優としての仕事を続けていますが、お騒がせ女優のイメージが強くタレントの仕事は月に1本程度。生活は再婚したサラリーマンの夫の収入で支えられていると言います。現在、週2回のペースで外国人や身寄りのない子供たちにボランティアで演技や歌を教えているそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。