選択的摂食 チョコレートしか食べられない超偏食男|ザ!世界仰天ニュース

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で超偏食男の壮絶な24年間について放送されました。

 

1980年、イギリス・マンチェスターに住むギャリー・ブレナンは好き嫌いもなく食欲旺盛な男の子でした。しかし麻疹(はしか)に感染し入院。食べては吐くように。病院食は全く受け付けなかったもののチョコレートは食べることが出来ました。退院してからもご飯を全く食べようとせず、チョコレートばかり食べるように。病院に行くと心の問題かもしれないと言われました。

 

選択的摂食(せんたくてきせっしょく)は数種類の食べ物しか食べられず、他の食べ物に抵抗を示す状態のこと。ほとんどが子供の頃に発症し、好き嫌いや偏食と見なされることが多いです。日本では病気として認知されておらず研究もほとんどされていません。

 

ギャリーは麻疹の時に苦しかったことと、チョコなら食べられたことでチョコレートを食べて治ったと感じてしまったのです。そのため、チョコレート以外のものを食べるとまた苦しくなると思うように。両親は少しでも体に良さそうなチョコレートを探し、スナック菓子と牛乳は飲めるようになりました。

 

小学生になってもチョコレートしか食べられない状態はかわりませんでした。同年代の友達にギャリーの苦しみは理解されず、無理やり食べさせようされ吐いてしまいました。その日からギャリーは人前で食べるのをやめました。

 

ギャリーはチョコレートを美味しいと思ったことはなく、みんなと同じものを食べたいと思っていました。ご飯を食べようと試してみてもうまくいかず、大人になっても食生活は変わりませんでした。大人になったギャリーの食生活は朝食はチョコレート2kgに牛乳2リットル。職場ではトイレに隠れてチョコバーをむさぼり、夕食はチョコレート5kg。そんなチョコレートだけで作られたギャリーの体は200kgを超えました。

 

ギャリーは自分の偏食を理解してくれる彼女ができ結婚。2人の子供にも恵まれました。ギャリーの食生活は変わりませんでしたが、家族との食事を楽しめるようになりました。そんな矢先、健康診断でかなり進行した糖尿病であることが発覚。このままでは余命1年と言われてしまいました。ギャリーは減量することを決意。家族のサポートもありギャリーは次々と食べ物を克服していきました。

 

現在32歳のギャリー・ブレナンは体重82kgにまで減っています。しかし、ギャリーがダイエットに夢中になったあまり夫婦関係に亀裂が入り離婚。ダイエットがきっかけでハマった自転車。今年はトライアスロンに挑戦する予定だと言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。