皇妃エリザベートのザッハートルテ|グレーテルのかまど

NHK・Eテレの「グレーテルのかまど」で皇妃エリザベートのザッハートルテについて放送されました。

 

中世の歴史と文化が息づくオーストリアの首都ウィーンは、ヨーロッパを支配した名門ハプスブルグ家が本拠を置いた街です。大通りにはかつての宮廷御用達のお菓子店が軒を連ねています。この街では栄華を極めた皇帝や貴族たちのために様々なスイーツが生み出されてきました。グーゲルフプフはウィーンの宮廷で育ちフランスに嫁いだマリー・アントワネットが大好きだったケーキです。アプフェルシュトゥルーデルは煮詰めたリンゴを薄いパイで包んだ職人技ひかる一品です。

 

独創的なスイーツの中でも別格とされるのがザッハートルテ。「チョコレートケーキの王様」とも呼ばれています。貴族の料理人だったフランツ・ザッハーが考案したと伝えられています。特徴は全体を包むチョコレートのコーティング。鏡のように美しく仕上げるのは高い技術が必要です。生地のチョコレートは砂糖を抑えてカカオ本来の苦味を楽しみます。間には程よい酸味のアプリコットジャム。チョコレートの美味しさを引き立てます。生クリームと一緒に食べるのが本場ウィーン流です。

 

このザッハートルテをこよなく愛したといわれているのがハプスブルグ家の皇妃エリザベート(1837~1898)です。その美しさから「美の妖精」とまで賞されました。身長172cmでウエストは生涯50cmをキープ。その美貌をもって政治まで動かしましたが、実は大のスイーツ好きだったといわれています。

 

エリザベートが生まれたのは1837年。南ドイツ・ミュンヘンの貴族の家に育ちました。子どもの頃は運動が大好きで野山を駆け回るおてんば娘だったそうです。人生の転機が訪れたのは16歳の時。別荘で出会ったハプスブルグ家の若き皇帝フランツ・ヨーゼフ1世に熱烈に結婚を申し込まれたのです。瞬く間に2人は結婚。甘い新婚生活が待っていると思いきや、待ち受けたのは宮廷の厳しい規律でした。言葉遣いから食事のマナー、お風呂の入り方まで決まりごとだらけ。さらに辛く当たったのは姑のゾフィー大公妃でした。エリザベートが始めて出産した時、ゾフィー大公妃は即座に子どもを取り上げ子育ての権限を奪ったのです。エリザベートの生活は窮屈きわまりないものでした。

 

自由に生きたいと思い悩んだエリザベートが行き着いた答えは自らの美しさを磨くことでした。中でもダイエットは熾烈を極めました。宮廷内に体操器具を設置し、一日中体を動かしたのです。宮廷の豪華な食事にもほとんど手をつけず、栄養補給のために子牛の生き血を絞って飲んでいました。そんな超節制生活を続けるエリザベートの支えとなったのがスイーツ。お忍びで街の菓子店に通っていたと言われています。そして、宮廷の個室に持ち帰ってこっそり食べていました。ストレスフルな日々の生活を忘れて食べるザッハートルテは最高の味わいだったことでしょう。

 

自らの美を磨き続けたエリザベート。30歳になる頃にはその美しさは世界に知れ渡るようになりました。アメリカ大公使は「まさに美の奇跡だ」との言葉を残しています。そしてエリザベートは政治を動かし始めました。ハンガリーで起きていた独立運動の活動家たちと対話を続け、平和的に解決したのです。次第に存在感を高めたエリザベートは4人目の子どもを出産すると、ついに子育ての権利を獲得しました。生きる伝説となったエリザベートですが、50歳にさしかかると美に陰りが。外出時にはパラソルと扇子を欠かさず、カメラを向けられると老いた顔を隠したと言います。そしてエリザベートはイタリア人の無政府主義者によって命を奪われました。

 

ザッハートルテの材料

チョコレート、バター、砂糖、卵、薄力粉、アプリコットジャム

 

ザッハートルテの作り方&レシピ

1、常温に戻したバターに砂糖を加え白っぽくなるまで泡立てる
2、スイートチョコレートを60℃のお湯で湯煎する
3、泡立てたバターにチョコレートを加え混ぜる
4、卵黄とメレンゲ、薄力粉を加えてまぜる
5、型に流し込む
6、170℃に温めたオーブンで40分程焼く
7、アプリコットジャムに水、砂糖を加えて煮詰める
8、焼きあがった生地を冷まし均等に2枚に切り分ける
9、生地の間と側面に煮詰めていないアプリコットジャムを塗る
10、煮詰めたジャムを生地のへりに沿って円を描くようにかける
11、水、砂糖、チョコレートを合わせ108℃まで煮詰め火を止める
12、チョコレートを半分まな板に出し練る
13、鍋に戻し混ぜながら66~68℃まで冷ます
14、へりにそって円を描くようにチョコレートをかける
15、室温で冷まして出来上がり

 

この至福のスイーツを巡ってかつて壮絶なバトルが繰り広げられていました。フランツ・ザッハーがザッハートルテを生んだのは1832年。その製法を受け継いだ「カフェ・ザッハー(CAFE SACHER)」と「デメル(DEMEL)」が元祖の座を巡って法廷で争い始めました。1952年から7年にも渡った裁判。大論争の末、カフェ・ザッハーが元祖を名乗ることで一件落着しました。誕生から180年、そのレシピは今もほとんど変わらずパティシエたちによって守られています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。