大沢逸見の母の介護人生|爆報!THEフライデー

TBSテレビの「爆報!THEフライデー(ばくほうざふらいでー)」で大沢逸見の芸能人生をなげうった10年間の母の介護人生について放送されました。

 

大沢逸見(おおさわいつみ)さんは16歳の時にホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。事務所の看板アイドルとして芸能界の第一線を走り続けました。しかし1990年以降、突如芸能界から姿を消していました。その裏には一級障害者である母の介護がありました。

 

大沢逸見さんが24歳の時、父の秀逸さんが急死。すい臓がんでした。それまで介護が必要だった母の面倒は全て父が見ていました。しかし、父が亡くなったため母の面倒が見られるのは一人っ子の大沢逸見さんただ一人になりました。そのため、葬儀を終えた直後、母を東京に呼び寄せました。多忙な芸能生活を送りながらの介護が始まりました。トイレやお風呂など家の中での移動は45キロある母の体を支えて引きずる状態。トイレに行かせるだけで30分もかかったと言います。これが夜中2時間おきにおこりました。生活のほとんどを母の介護に当てるようになり、収入が激減しました。

 

そんな中、2000年に介護保険制度が施行。そのため、仕事で家をあけるさいは介護福祉士を頼むようになりました。しかし、人手不足の介護福祉士に母の介護を頼むのは不安で、結局自分で面倒をみることに。そして体中にがんが転移し、2002年5月に亡くなりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。