カーネル・サンダースの壮絶人生|アンビリバボー

フジテレビの「奇跡体験!アンビリバボー」でケンタッキー・フライドチキンの創業者カーネル・サンダースの壮絶人生について放送されました。

 

1890年、アメリカ・インディアナ州ヘンリービルでカーネル・ハーランド・サンダースは生まれました。5歳で父を亡くし母は農場で働いていたため、兄弟の面倒をみるのは彼の仕事でした。ある日、どうしても母に会いたくなった彼は幼い兄弟を連れて5キロ離れた母が働く農場へ。彼は生まれて初めて自分で焼いたパンをどうしても母に見せたかったのです。初めて焼いたパンを褒められたことが忘れられず料理に興味を持つようになりました。10歳になったカーネル・サンダースは家計を助けるため農場に働きに出るように。しかし、仕事に集中していないという理由で1ヶ月で解雇されてしまいました。すると、母親は「仕事に必要なことはベストを尽くすこと」と言いました。この言葉はカーネル・サンダースの胸に深く刻まれ一生忘れることの出来ない言葉となりました。カーネル・サンダースは13歳で家を出て都会で様々な職業を経験。その数20以上。そんなカーネル・サンダースに転機が訪れたのは37歳の時のことでした。

 

アメリカ南部ケンタッキー州にあるガソリンスタンドが経営者を探していることを知り店を預かることになったのです。カーネル・サンダースは他の店より2時間も早い朝5時に店を開き、窓拭きのサービスで評判を得るように。お店は繁盛店になりました。しかし、カーネル・サンダースが39歳の時、世界大恐慌が起こりガソリンスタンドを手放すことを余儀なくされました。ところが翌年、カーネル・サンダースは別のガソリンスタンドを経営することに。実は彼の目覚しい働きぶりは石油会社の耳に届いていました。ガソリンスタンドを経営してみないかと話を持ちかけられたのです。そこは交通量の多い国道沿いにあり絶好の立地でした。ある日、お客さんが「この辺りはレストランがない」と言っているのを聞き、カーネル・サンダースは倉庫をレストランに改造。「サンダースカフェ」をオープンさせました。料理は彼自らが作り、レストラン目当てに来る客まで出てきました。やがて店舗を広げ、ケンタッキー州から名誉称号(カーネル・サンダース)を貰うまでに。カーネル・サンダースのカーネルは名前ではなく称号だったのです。

 

カーネル・サンダースは日々メニューの改良にも取り組んでいました。中でもフライドチキンの改良には力を入れていました。彼は鶏肉にまぶす小麦粉にハーブや香辛料を混ぜてみることに。さらにスパイスの組み合わせを何百通りも試し、実際にチキンを揚げては客や従業員に試食してもらうという作業を繰り返しました。そして49歳の時、ついにあるスパイスの調合に辿りつきました。合わせたスパイスの数は11種類。ここまでに7年が経過していました。現在、店頭に並ぶフライドチキンも同じ11種類のスパイスで味付けされています。こうして完成したオリジナルのフライドチキンは「サンダースカフェ」の看板メニューに。これに自信をつけたカーネル・サンダースはガソリンスタンドを手放しレストラン経営に専念。しかし、サンダースカフェが火災により全焼。それでも、常連客の励ましにより店の再建を決意しました。資金集めに奔走し、火災から2年後150人近くの客を収容できる大型レストランとして「サンダースカフェ」を復活させました。

 

再出発を果たしたカーネル・サンダースは圧力鍋と運命の出会いを果たしました。圧力鍋を使うことにより、それまで30分かかっていたフライドチキンを15分で作れるように。これによりチキンの量産が可能になったのです。お店は大繁盛しカーネル・サンダースは借りていた再建資金をたった1年で返済。その後、第2次世界大戦の混乱を乗り越えクラウディアさんと結婚。しかし、マイカーの増加により新たな道路の整備がすすみサンダースカフェの前の交通量が激減。さらに、高速道路の計画が発表されました。旅行者やトラックドライバーが主な客だったサンダースカフェは大打撃を受けることはまぬがれません。カーネル・サンダースはレストラン以外の事業にも着手したもののうまくいかず多額の借金を抱えていました。カーネル・サンダースは62歳にして絶望の淵に立たされてしまったのです。

 

それでもカーネル・サンダースは新しいアイディアを思いつきました。それをユタ州の若きレストラン経営者ピート・ハーマンに聞いてもらいました。ピート・ハーマンとは飲食店のオーナーたちの親睦パーティーで知り合い意気投合しました。カーネル・サンダースが思いついたアイディアはフライドチキンの作り方をレストランに教えチキンが売れるごとに利益を還元してもらうというもの。これはフランチャイズ方式ですが、当時の外食産業では初めての試みでした。ピート・ハーマンはカーネル・サンダースと契約を結び、フライドチキンが1つ売れるごとに5セント支払うと約束してくれました。またピートはフライドチキンに「ケンタッキーフライドチキン」という名前を付けました。そして1952年にピートの店は「ケンタッキーフライドチキン1号店」として大きな看板を掲げました。

 

カーネル・サンダースはサンダースカフェを売却。65歳にして全てを失いましたが、フランチャイズ店を探す旅に出ました。旅を始めて1年後、フランチャイズの問い合わせが次々と舞い込むように。それはユタ州のピートの店でトラブルが発生していたからでした。店員が訪問販売の口車に乗せられ本来必要のない紙バーレルを大量購入してしまい処理できずにいました。しかし、紙バーレルの中にフライドチキンとビスケットを詰め込みテイクアト用として売り出すと、飛ぶように売れたのです。持ち帰りの客だけでも十分に利益が上がり、立派な店舗をかまえる必要もない絶好のビジネスチャンスだととらえられるようになったのです。しかも、大行列がその宣伝効果をあげ、新規開店を考えるオーナーが急増。3年間で200店舗ものフランチャイズ店が誕生しました。こうしてカーネル・サンダースはアメリカの一流経営者の仲間入りを果たしたのです。その後もカーネル・サンダースは母の言葉通り、自ら200以上の店舗に足を運びフライドチキンを揚げてみせるなど調理法を指導してまわりました。さらにフランチャイズ店は海外にも進出。その数は600店舗にものぼりました。1980年、カーネル・サンダースは肺炎により人生の幕を閉じました。その数日前まで料理の指導を行っていたと言います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。