三波伸介の息子は今…|爆報!THEフライデー

1961年、三波伸介(みなみしんすけ)さんはてんぷくトリオを組みコミカルな笑いで一世を風靡しました。1970年代には全局で冠番組を持つように。当時の年収は6億円もあったと言います。住まいは新宿の一等地に立てた90坪の大豪邸。間取りは14SLDK。総額8億円。

 

34歳の時に長男・伸一を授かりました。しかし、1982年に大動脈瘤破裂で亡くなりました。残された一人息子の三波伸一さんは現在49歳。古い2階建てのアパートの一室(6畳)に奥さんと二人で暮らしています。

 

実は三波伸介さんはお金に全く無頓着でいろんな所でバラまいていました。例えば、知り合いに飲み屋で会えばお会計をしてあげたり(しかも2回分)、近所の家が焼ける大火事があれば食料、生活用品、文房具など1ヶ月分を配ったり。「金は天下の回りもの」と言っては知り合いや困った人にお金を使いまくっていたのです。

 

結果、年収6億円だった三波伸介さんの貯金はゼロ。豪邸も維持費がかさむため売り払うしかありませんでした。

 

一家の大黒柱を失い伸一さんは飲み屋で働き始め、長年専業主婦であった母も働きに出ました。しかし、そんな母も心不全で亡くなりました。

 

その後、伸一さんは喜劇役者の活動を開始。地道ながらも小さな舞台で活動を続けること20年。ついに45歳の時に二代目三波伸介を襲名。伸一さんは幼い頃、父から「お前が2代目三波伸介だからな」と言われていたと言います。

 

偉大な父が残した「笑い」という大切な遺産を伸一さんは今日も必死に守り続けています。

 

「爆報!THEフライデー」

コメント