美しく太りたい女性のファット・コミュニティー|サイエンスミステリー

フジテレビの「サイエンスミステリー2011~人体の秘密SP見えざる禁断の世界~」で美しく太りたい女性の禁断の世界について放送されました。

 

ニューヨークのマンハッタンで「女神のパーティー」が開催されました。女神として参加するには太っているという条件があります。ここに集まる女性はみな太ることに生きがいを感じているのです。例え細身の女性が世の中でもてはやされていようと、痩せたいと思う人はここにはいません。パーティーの主催者はナンシーさん(58歳)体重113キロです。

 

女神のパーティーに参加していたドナ・シンプソンさん(43歳)は身長162センチ、体重272キロ。4年前から一緒に暮らしているのはパートナーのフィリップさん(50歳)です。2人の間に生まれたジャクリーンちゃん(3歳)と前の夫との間に生まれたデビンくん(14歳)と4人暮らしです。

 

ドナは痩せたいとは思っていません。むしろ、もっと大きくなりたいそう。特にお尻が大きくなりたいと言います。太っているのは美しくて魅力的なことだとも言っていました。そのために日常生活で不都合が起こることはやむおえないと考えているようです。美しく太りたいドナにとって沢山食べることは大事なことです。お寿司を40貫食べたあと、抹茶アイスを4人前完食し、さらにお寿司を注文。結局、お寿司60貫、デザート4人前を食べました。しめて7000キロカロリー。一般女性1食分の10倍。ダイエットなんてもってのほか。痩せたら醜くなってしまうと信じているのです。

 

ドナがダイエットをしないと決めたのは6年前。「ファット・コミュニティー」の一員になると決めたからです。ファット・コミュニティーとは自分がどれだけ太っているか競い合う女性たちの世界。そして、そんな女性を崇拝する男性たちも集まる場所です。この世界では彼女たちのことをBBW(Big Beautiful Woman)と呼んでいます。BBWとは体重200ポンド(約91キロ)~350ポンド(約159キロ)の女性のこと。そして350ポンド以上になるとSSBBW(Super Size Big Beautiful Woman)になります。ドナはもちろんSSBBW。パートナーのフィリップともファット・コミュニティーを通じて知り合いました。そして出産。このときのドナの体重は241キロ。出産した世界一重い女性としてギネスブックに認定されました。

 

パートナーのフィリップは太った女性しか愛せない男性です。こうした男性のことはFA(Fat Admirers)肥満崇拝者と呼ぶんだそう。自分と同じ肥満崇拝者のためにドナをモデルに撮影をしています。それをネット上にあるドナのサイトに載せます。特に食べているドナの写真はとても喜ばれるんだそう。垂れ下がったお腹はエプロンと呼ばれ、この世界では人気があります。サイト内で画像を見るには料金がかかり、ドナはその売り上げで1月に2000ドル程稼いでいるそうです。SSBBWとしての地位を確立しているドナですが、まだ満足していません。彼女なりの理想体型があるそう。それはお腹の脂肪だけを減らすというもの。

 

そんな部分痩せの研究が宮崎徹さんの研究グループで行われています。カギとなるのは宮崎徹さんが発見したAIMというタンパク質。脂肪細胞は血液を通して脂質を蓄えることで肥大化します。その時、白血球から生み出されるタンパク質がAIM。AIMは脂肪細胞に入り込み次々と脂肪を分解していきます。痩せたい部分にAIMを打つと一番効果があると宮崎さんは言っていました。しかしAIMは脂肪細胞を分解すると同時にサイトカインという物質を発生させ成人病発症リスクを高めます。つまり、脂肪を減らすことが出来ても命の危険が増してしまうのです。宮崎教授はAIMがもたらすリスクを抑える研究も行っています。その成果が現れたときドナは理想の体型を手に入れることができるでしょう。

 

ドナが太ることに迷いを感じないのは幼いときの体験にありました。ドナが10歳のとき母が亡くなり新しい母ができました。新しい母はドナから食べることを奪いました。冷蔵庫に鍵がかけられ自由に食事をすることは許されていませんでした。18歳の時に家を飛び出しました。幸せだった母との思い出を追いかけるかのように食べる行為を加速させ32歳で272キロにたっしました。その体は世間的には異質な存在。心のどこかで自分の巨体を否定する気持ちがありました。それを一気に断ち切ってくれたのがファット・コミュニティーとの出会いでした。そんなドナですが子供たちには太って欲しくないと言っていました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。