アディポネクチン 血管の老化を防ぐ善玉ホルモン|たけしのみんなの家庭の医学

テレビ朝日の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」で血管を若く保つ善玉ホルモンについて放送されました。100歳を超えた高齢者を日本の医学会では敬意を込めて「百寿者(ひゃくじゅしゃ)」と呼びます。近年こうした百寿者の体を研究する中で、血管に関する驚くべき事実が明らかになってきました。それは血管を若く保つ善玉ホルモンがあったということ。通常、血管は年を重ねるごとに老化が進み傷んでいくものです。しかし100歳を超えて生きている人たちはあるホルモンの効果で血管を若い状態に保つことが出来ているのです。そのホルモンとはアディポネクチン。アディポネクチンとは1996年に日本人研究者によって発見されたホルモンです。その働きは一度傷ついた血管壁を元のように修復することですが、他にも血糖値や血圧を下げてくれる嬉しい働きがあることが明らかになってきました。

 

体型を維持しているとアディポネクチンが多く分泌されるようです。アディポネクチンが作られているのは内臓脂肪などを始めとする脂肪。通常、私たちは脂肪細胞をお腹の周りにつけエネルギーとして蓄えています。この脂肪細胞から血管を若く保つアディポネクチンが分泌されるのです。しかし、食べすぎなどで肥満体型になると脂肪細胞も膨らみます。するとアディポネクチンを十分に分泌できなくなってしまうのです。また肥満によって脂肪細胞が肥大化すると善玉だったはずのアディポネクチンが血管を傷つける悪玉ホルモン炎症性サイトカインにとって変わられてしまうのです。この悪玉ホルモンが出るとインスリンが効きにくくなり糖尿病になりやすくなったり、血管に炎症を引き起こし動脈硬化を引き起こしたりするのです。

 

善玉ホルモンから悪玉ホルモンに変わる体型の境目はどこでしょうか。番組では様々な体格の男性17名を調査。へその高さでお腹周りを測る腹囲と血液中の善玉・悪玉ホルモンとの関係を調べました。多少のばらつきはあるもののお腹周りが大きくなればなるほど悪玉ホルモンの量が増えていることが分かりました。男性なら腹囲85cm以上から要注意、女性は腹囲90cm以上から要注意です。

 

しかし痩せろといってもそう簡単に痩せられません。血管を若く保つ善玉ホルモンをより多く分泌する方法はないのでしょうか。詳しいメカニズムは分かっていないものの魚の油に含まれるEPA、DHAがアディポネクチンを増やすと考えられています。さらに赤ワインもアディポネクチンを増やす可能性があるそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい。管理人からの返信はありませんのでご了承ください。