グレリン 老化ストップホルモン|たけしのみんなの家庭の医学

ABC朝日放送の「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」身体を若々しく保ち病を防ぐ2つの方法で老化ストップホルモンについて放送されました。

 

老化ストップホルモン

様々な臓器から分泌し身体の調子を整えてくれるホルモン。そんな数あるホルモンの中に全身の老化を防止してくれる働きをしてくれるホルモンがあります。それこそが今医学界が注目する老化ストップホルモン。世界各地で加齢による老化を内側からストップさせた症例が次々と報告され、心臓・血管・脳・筋肉など様々な臓器の老化防止効果が期待されています。さらに、老化ストップホルモンを多く分泌できている人は内側だけでなく見た目にも若いのだと言います。

その老化ストップホルモンとは「グレリン」です。グレリンは1999年に日本で発見されました。

 

私たちの身体を形作っているのは60兆個にも及ぶ細胞です。そして、その細胞一つ一つが運ばれてきた酸素を使ってしっかりエネルギーを作り出すことで身体を動かし生きていくことができています。ところが、年を重ねていくと60兆個の細胞一つ一つが酸素をしっかり使えなくなり、エネルギーを作る効率が低下してしまいます。しっかりエネルギーが作られないので、身体を動かすことすら難儀になってしまうのです。これが老化するということです。しかし、老化ストップホルモン「グレリン」をしっかり分泌できれば60兆個ある細胞がしっかり酸素を使ってエネルギーを量産することができるのです。

 

グレリンを分泌させる方法

グレリンは人が空腹を感じ始めると胃から分泌されます。そして、空腹状態がピークを迎える頃グレリンも大量に分泌され、それが胃そのものを刺激し「グー」という音を生むのではないかと考えられています。

1日3食、「グゥ~」と音が鳴るほどお腹を空かせてから食事をとることこそがグレリンを多く分泌させる生活習慣なのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)