中島久之は今…|爆報!THEフライデー

中島久之(なかじまひさゆき)さんと言えば、1978年に放送されたドラマ「七人の刑事」で東大出身のエリート刑事役を熱演。三浦洋一さんや宅麻伸さんも出演したこのドラマは、最高視聴率21.8%を記録。

 

その後も「赤い激流」でエリート検察官役、「白い巨塔」ではエリート医師役と、その爽やかで甘いマスクを武器に役者としてエリート街道を突き進むと思われました。

 

中島久之は今…

現在63歳となった中島久之さんは東京都中野で「さくらやま果房」というお菓子屋さんを経営しています。一緒に働いているのは妻の正子さん。

 

しかし、エリート役者が一体なぜ?そこには役者という仕事の厳しい現実がありました。

 

役者 40歳限界説

ドラマや映画は年齢の若い登場人物が多く、圧倒的に年配者の役は少ないのです。中島久之さんも40歳を迎えると仕事が減少。その後も舞台を中心に役者の仕事は続けているものの、気づけば60歳目前に。

 

そんな中、ドラマの制作スタッフとして働いていた奥さんが、自らの引退をきっかけにお菓子屋さんの開業を提案。もともと奥さんがお菓子作りが大好きだったことが理由ですが、全く経験のない世界でした。

 

お菓子屋さんは超激務

夜7時にお店は閉店しますが、翌日の仕込みを行います。コンフィチュールは奥様こだわりの完全無添加ジャムです。果物本来の味や香りを伝えるため、保存料を一切加えない完全無添加で勝負。さらに、作り立てを販売するため仕込みは家族総出。早朝4時を回ることもざらだと言います。

 

朝9時には回転準備です。次男の瑞貴さんは9年間働いた飲食店を辞め、大忙しの両親を助けるため1年前からお店を手伝っています。

 

開店から4年、家族総出で必死に働いた結果、今では雑誌にも取り上げられる人気店に。中野マダムが連日押し寄せ、ネット販売も人気のお店になっています。

 

「爆報!THEフライデー」



コメント

  1. 中島さんは医師役ではありませんよ。何を見たかはしらないけど。www

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。