Webサイト制作

本格的なレスポンシブデザインのホームページが5万円で作れる!

ココナラで依頼する

スマイリーキクチ 殺人犯に疑われ10年間ネットで誹謗中傷|爆報!THEフライデー

1988年、東京都足立区で世間を戦慄させる事件が起こりました。それは女子高生コンクリート詰め殺人事件。17歳の少女を未成年の少年4人が2ヶ月にわたり監禁。暴行を繰り返し少女が死亡するとその遺体をコンクリート詰めにして遺棄するという日本犯罪史に残る凄惨な殺人事件です。

当時、未成年だった犯人たちは主犯格の1人が懲役20年、準主犯格の少年は5年以上10年以下の懲役が言い渡されました。これは事件の凶悪性を考えると軽い判決だったため、その後少年法のあり方に一石を投じることになりました。

ネット上の噂

そんな中、事件から10年が経った1999年ある衝撃的な噂がインターネット上を駆け巡りました。それは芸人Sがコンクリート詰め殺人事件の犯行グループの一味で出所後何食わぬ顔でテレビ出演しているというもの。さらに、ワイドショーの有名コメンテーターが出版した本にも事件の犯人は芸人Sだとにおわす内容が書かれていました。

芸人Sとはスマイリーキクチさんのことです。スマイリーキクチさんは1990年代「ボキャブラ天国」で爆笑問題やネプチューンらと共に大ブレイクしました。

それは事件から10年後の1999年、突然始まりました。ある日、インターネットの巨大掲示板に女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人としてスマイリーキクチさんの本名が書き込まれていました。

しかし、火のないところに煙は立ちません。実はスマイリーキクチさんは、犯人と疑われる条件がそろっていたのです。

捕まった犯人グループは、東京足立区出身16~18歳、ヤンキー。スマイリーキクチさんも足立区出身で当時16歳、ヤンキーだったのです。スマイリーキクチさんは「ケンカ最強」と足立区では名をはせていたと言います。

しかし、当時足立区には約40の中学校があり犯人だというのは事実無根でした。騒ぎはすぐにおさまるだろうと気にせずタレント活動をしていたスマイリーキクチさん。しかし、誹謗中傷はエスカレートしていきました。

抗議が殺到

2000年6月、所属事務所に抗議電話が殺到しました。その原因は、偽スマイリーの出現でした。何者かがスマイリーキクチさんになりすまし、ネット上に書き込み。自らが犯人であることを認めるコメントをしていたのです。

これを信じた人々から事務所に抗議が殺到。しかし、10年以上前に何をしていたかを証明するのはほぼ不可能でした。スマイリーキクチさんができることはマネージャーに頼み事務所のホームページに否定文を掲載することだけでした。

そんなスマイリーキクチさんの唯一の味方が交際7年、結婚も約束していた恋人でした。スマイリーキクチさんへの誹謗中傷を目にした彼女は、インターネットやパソコンにうといスマイリーキクチさんの代わりに、誹謗中傷のページを集めプリントアウト。警察に被害届を出すことにしました。

しかし15年前、インターネット犯罪に関する捜査方法はなく警察でも犯人の特定ができませんでした。

そんな中、スマイリーキクチさんは2004年にヨン様モノマネで大ブレイク。しかし、噂を信じる視聴者からテレビ局やスポンサーにクレームの電話や手紙が。スマイリーキクチさんが出演するたびに多くの抗議がよせられ、これが原因でテレビやラジオの出演は激減しました。

本での犯人扱い!

さらに、スマイリーキクチさんに追い打ちをかける出来事が起こりました。それは有名なワイドショーのコメンテーターが出版した一冊の本。そこには「犯行グループの一人は出所後、お笑いコンビとしてデビュー」と書かれていました。ネット上だけでなく、書籍でも犯人扱いされたのです。

殺人予告

そして2008年9月、スマイリーキクチさんの殺害予告が書き込まれました。それは家族や恋人にまで及びました。スマイリーキクチさんは彼女に危険が及ぶことを心配し、結婚を断念。うつ状態になってしまいました。

一斉摘発

しかし、そんなスマイリーキクチさんに救世主が現れました。それは当時最先端のネット捜査に正通していた警部補。実は警部補はかつてコンクリート詰め殺人事件の捜査にも関係しており、並々ならぬ思いで捜査に取り組みました。

まず、ホームページに誹謗中傷をやめない者は刑事告訴すると警告文を掲載をしました。この警告文により書き込みが激減。しかし、それでも書き込みをやめない者がいました。

そこで掲示板に書き込みをした人物の身元を特定し、2009年2月に誹謗中傷を行った19人を一斉摘発しました。そして驚くべき犯人像が浮かび上がりました。

誹謗中傷を行っていたのは…

犯行を行っていたのは無差別に批判を行うネットジャンキーだけでなく、国立大学の職員専業主婦など様々でした。結果、最も悪質な書き込みをした3人が脅迫容疑で、また4人が名誉棄損の疑いで書類送検されました。

スマイリーキクチさんのこの事件は、当時インターネット犯罪の過去最大となる摘発例となりました。

そして2011年、事件が一段落したのを機にスマイリーキクチさんは彼女と結婚しました。

そんなスマイリーキクチさんは今、インターネットの正しい使い方を教える講演会を全国で実施。さらにスマイリーキクチさんの誹謗中傷事件は学校の道徳の授業で取り上げられるなど、彼の地獄の日々はこれからのネット社会を担う教科書となっています。

「爆報!THEフライデー」
実録!殺人犯と呼ばれた芸能人

この記事のコメント