イルミナティ 世界を裏であやつる秘密結社|やりすぎ都市伝説

イルミナティとフリーメイソン

秘密結社の中の秘密結社イルミナティは1776年、ドイツでフリーメイソンメンバーであったアダム・ヴァイスハオプトが「全ての人々は兄弟である」という思想を掲げ創立されました。しかし、目的のためなら手段を選ばないイルミナティの思想は、ナポレオンが起こしたフランス革命にも影響を及ぼしていると言います。過激な思想がゆえに、これまでに何度も弾圧を受け現在では決して公には姿を現さずフリーメイソンの陰で暗躍していると言われています。

 

1ドル札の裏側にはミラミッドに目というフリーメイソンのシンボルマークが描かれていますが、その土台にローマ数字が描かれています。そのローマ数字は1776年とアメリカ建国の年を描いていると言われていますが、実はイルミナティが創設された年とも言われています。

 

しかし、ドイツのフリーメイソンのグランドマスターであるアーヒム・シュトラスナーによると、フリーメイソンの中にイルミナティのメンバーは存在しないと言います。それはフリーメイソンとイルミナティの思想が全く異なるからです。

 

ところが、イルミナティの研究を15年以上続けている歴史家ラインハルト・マルクナーさんによると、イルミナティに入会して上を目指すなら、まずはフリーメイソンに入会しなければならないと言います。そこで理念や思想を学び修行をしてから初めてイルミナティの会員として認められるのです。イルミナティ創設者のアダム・ヴァイスハオプトもまたフリーメイソンのメンバーだったと言います。しかし、なぜフリーメイソンはイルミナティについて語りたがらないのでしょうか?

 

身近に潜む洗脳の恐怖

ドイツで約200年前に出版された数々の民話を集めたと言われる「グリム童話」は、現在では世界中160もの言語で翻訳され私たちの生活の中でも身近な存在です。しかし、そんなグリム童話には数々のメッセージが隠されています。物語を通して幼少期から刷り込まれるのです。

 

中でもイルミナティの一番強いメッセージが込められている作品が「かわいそうなフクロウ」です。高い知能を持つフクロウが化け物だと恐れられ焼き殺される物語です。怪物と見なされ焼き殺されるフクロウをイルミナティ自体に例え、世に広めたのです。イルミナティは他にも世界中にシンボルであるフクロウをマーキングしていると言われています。

 

ドイツが生んだ天才作曲家ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンは、ネーフェに師事し作曲家として開花しました。実はこのベートーヴェンの師匠でもあるネーフェは、イルミナティメンバーと言われネーフェの思想に影響を受けたベートーヴェンは、イルミナティメンバーの詩人シラーの作品「歓喜に寄す」に感銘。そして生み出されたのが「交響曲第9番」です。

 

日本人もよく耳にする「第九」の詩にはイルミナティの思想「全ての人々は兄弟となる」など一致する部分が多いです。この交響曲の完成を最後にベートヴェンはこの世を去りました。イルミナティの思想をあからさまに世に送りだしたベートーヴェンは反勢力によって暗殺されてしまったのでしょうか?真相は闇の中です。

 

タヴィストック人間関係研究所は、表向き心理学の研究所とされていますが、一説では国際諜報機関として人間の完全な心理コントロールを目標としていると噂されています。また出資者であるアメリカの大財閥ロックフェラーも、イルミナティと深く関連していると噂されています。知らず知らずのうちにイルミナティの思想が私たちにも植え付けられているのかもしれません。

 

アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントンの正体

イルミナティ創設者アダム・ヴァイスハオプトと、フリーメイソンメンバーである初代アメリカ大統領ジョージ・ワシントンは同一人物であるという説があります。アメリカ1ドル札に刻まれた1776年というアメリカ建国とイルミナティ創立の奇妙な一致。アメリカはイルミナティが創った国だったのでしょうか?

 

「やりすぎ都市伝説スペシャル2014夏」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。