幻の徳川家16代将軍・徳川家達|やりすぎ都市伝説

徳川家16代将軍は将軍になるはずだったのになれなかったので、周りの人から「16代様」と呼ばれて人生を過ごしたと言います。その幻の16代様というのが徳川家達(とくがわいえさと)です。徳川家達は15代将軍・徳川慶喜よりも前に15代将軍になるはずだった人です。

 

14代目将軍・徳川家茂が死んだ時、家達はまだ3歳でした。幼すぎるので、とりあえず慶喜にさせて、大きくなったら家達にしようと考えられていました。ところが、大政奉還が行われ明治政府に政権が明け渡されました。そのことによって徳川慶喜は最後の将軍として歴史に名を残しましたが、家達は将軍になる前に歴史から消えてしまうことになりました。

 

明治以降も徳川家は家が取り潰されることなく一貴族として存続しました。徳川家達は政治家になり、30代で大きなチャンスがやってきました。それは初代東京市長。徳川家達は内定直前までいったのですが、勝海舟の反対にあってしまいました。勝海舟からすれば徳川がもう一度世に出るならば江戸だけでなく国を背負って欲しいと思っていたのです。そのため徳川家達は東京市長を辞退しました。

 

50代になった徳川家達にもう一度チャンスがやってきました。それは総理大臣。時の山本権兵衛内閣がスキャンダルで急遽潰れてしまい、家柄・人柄ともに良いということで陛下から指名があったのが徳川家達。しかし、今度は徳川一族から反対にあってしまいました。徳川一族は、もう一度政治のトップに立ち失敗したら、徳川家はもう立場がないと反対したのです。

 

そんな徳川家達ですが、人生の最後にもう一度チャンスが訪れました。それは1940年の東京オリンピック。東京オリンピック組織委員会の委員長に就任したのです。しかし、1940年の東京オリンピックは戦争によって中止されてしまいました。そして開催されるはずだった1940年に徳川家達は病でこの世を去りました。

 

家達の死後、徳川家は急速に力を失い、彼が住んでいた広大な土地は国によって買収されました。その土地というのは千駄ヶ谷。千駄ヶ谷は今2020年の東京オリンピックに向けて新国立競技場が建設されようとしています。

 

「やりすぎ都市伝説スペシャル2014夏」

コメント