ショパンの「英雄ポロネーズ」|ららら♪クラシック

ポロネーズとは、もともと「ポーランド風」という意味の言葉。ポーランドの生活に根付いた伝統舞曲のことです。

 

ポーランド人の郷愁を誘うポロネーズ

ポーランドは広大な農地が広がる国。ポロネーズは豊かな農民の生活から生まれたと言います。一見すると歩くだけのような素朴な踊りですが、この三拍子のリズムが結婚式などに欠かせません。

 

実はポロネーズはポーランド人なら誰でも踊れると言います。成人前にみんなでポロネーズを踊るのが伝統的な習わしで、高校生くらいになると熱心に練習するのだそうです。

 

故郷の音楽から生まれた「英雄ポロネーズ」

ポロネーズは、ショパンが生まれた19世紀にも盛んに踊られていたと言います。いわば祖国の文化の象徴でした。

 

しかし20歳の頃、ポーランドをロシアが制圧。ショパンは国を離れ国外での生活を余儀なくされました。21歳から亡くなるまでパリで暮らしました。「英雄ポロネーズ」は異国の地で故郷ポーランドを想いながら作ったと言われています。

 

「英雄ポロネーズ」はフランスの人々だけでなく、ポーランドから亡命者の前でも演奏され、故郷を追われた悲しみを共に癒したと言われています。もとは単に「ポロネーズ」という名前で作られましたが、いつしか誰ともなく「英雄ポロネーズ」と呼ぶようになり今日まで愛され続けてきました。

 

「ららら♪クラシック」
ショパンの「英雄ポロネーズ」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)管理人からの返信はありませんがお気軽にコメントしてください。