アルビノーニのアダージョ|ららら♪クラシック

NHK・Eテレの「ららら♪クラシック」でアルビノーニのアダージョについて放送されました。

 

極め付き バロックの名旋律!?

1960年代に公開された映画「審判」の衝撃的なラストシーンで流れるのがアルビノーニのアダージョです。見る者に鮮烈な印象を与えたこの曲は、映画の公開とともに大ヒットとなりました。楽譜の出版は1958年、そのタイトルは「アルビノーニによる2つの主題のアイデア通奏低音に基づく弦楽とオルガンのためのアダージョ ト短調」です。そのかたわらには「レーモ・ジャゾット」という名前が書かれています。レーモ・ジャゾットは20世紀に活躍したイタリアの音楽学者です。彼によれば第二次大戦で破壊されたドイツのドレスデンのザクセン州立図書館で、バロック時代の作曲家アルビノーニの自筆譜の断片を発見し、それをもとにアダージョを作り上げたとのことでした。この曲が発表された当時、世はまさに空前のバロック音楽ブーム。そんなブームの最中に登場したのがアダージョです。忘れ去られた作曲家アルビノーニの再発見だとしてセンセーショナルな話題となりました。流れるように美しい旋律は人々の心をとらえ、多くの演奏家たちが競い合うようにこの曲をとりあげました。

 

世紀の偽作か本物か?

人気の一方で、研究者たちが発表当初から投げかけてきたのはアダージョの元の作者は本当にアルビノーニなのか?という疑問です。この曲を世に抱いたレーモ・ジャゾットは自筆譜の断片を発見したというものの、その証拠を示そうとはしませんでした。専門家たちからは様々な批判の声があがりました。研究者たちはドレスデンの図書館を調べましたが、ジャゾットの説明を裏付ける記録は見つかりませんでした。

そうした中、2007年にジャゾットの秘書だった女性が新たな資料を提示しました。アルビノーニの自筆譜を書き留めたというメモです。ジャゾットは亡くなる数年前に次のようなコメントを残しています。

「私はアルビノーニを忘却の淵から救いたかった。アルビノーニが書いた音楽を実際に聴けば彼への関心が高まると思いこの曲を作りました。それは私自身の純粋な楽しみでもあったのです」

タグ:

コメントをどうぞ

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。コメントは管理人の承認後に表示されますのでしばらくお待ち下さい(スパム対策)