ル・コンビュジエ「フィルミニ教会堂」|美の巨人たち

テレビ東京の「美の巨人たち」でル・コンビュジエ「フェルミニの教会堂」について放送されました。フランス中部ロワール県にあるフィルミニは別名コンビュジエ・アンサンブルと呼ばれています。彼の建築がいくつも残されているからです。中でもそのシンボルがフィルミニ教会堂ですル・コンビュジエがフェルミニ教会堂を設計したのは74歳の時。しかし、その完成を見ることはありませんでした。

 

フィルミニ教会堂の外観はちょっと不思議な形をしています。インスピレーションを受けたのはブルターニュ地方の海。海岸線を歩いていた時、ル・コンビュジエは岩とはるか遠くに見える水平線が交錯すると実に不思議な調和が生まれると目をみはりました。フィルミニの遠くに見える山並みを水平線に見立てたル・コンビュジエはそこに岩のような建物を交錯させたのです。周りの景観と調和させるために。

 

ル・コンビュジエがフィルミニに視察に訪れたのは1960年のこと。1年後には設計案を提出しました。ところが計画は暗礁にのりあげてしまいました。土地の地盤が弱く基礎工事に莫大な費用がかかることが判明したからです。教会側は別の土地に建てることを提案。しかしル・コンビュジエはそれを頑なに拒否。絶対に譲れない思いがあったからです。それは単なる教会ではなく様々な人々が集える場所を作りたいというもの。そのため人が集まりやすい町の中心にあったあの土地にこだわったのです。しかし1965年、ル・コンビュジエは海の事故で亡くなりました。

 

それから約40年、彼の意志をついだ人々の手により再びプロジェクトが動きだしました。そして2006年11月26日にフィルミニ教会堂は完成しました。